娘。はじめました

ハロプロ・JUMP中心に思うことあれこれ。

#「JUMPing Car」を歌ってほしいハロプロ

JUMPでハロプロをやったときから目論んでた奴です。


曲を選んでくと膨大になっちゃうので、「JUMPing CAR」に限定して、ついでにハロコン風にセトリも組んでみました。そしたらライブレポみたいになりました。
もちろん完全フィクションですので、こういうノリがお嫌いな方はごめんなさい!
メンバーのことをわかってるグループとわかってないグループと、温度差があるのはちょっとご勘弁ください。
それでは開幕です!

 

キラキラ光れ

まずはオープニングアクト研修生のこの曲から幕を開けます。
全力笑顔のきらきらダンスには、こっちまでにこにこしてしまう。
間奏のダンスなんか弾けるんじゃないかって心配するくらいに全力
研修生には明るく楽しくあってほしい、という願いがありますので、この曲ぴったり。

 

ウィークエンダー

研修生と一緒に燃えたテンションそのままにあのキラーチューンのイントロだ!
出てきたのは…こぶしファクトリー!だいぶ力強いウィーケンだな!
テンポの速い、パート割りの細かさもばっちり対応できるこぶしちゃん。
何よりPVのあの多幸感を再現できるのが、さっすが。安心の若手切り込み隊長!
ラップはみなみな&はまちゃんでぜいたくに。
謎のラブミサイルは……おっと、たぐっちだー!たぐっち有能。
「君にやっとたどり着いたスイートアンサー」はやっぱりはまちゃんでした。
ハートマークつけてささやかれたら、野太い嬌声があがるあがる。

 

DISCO JOCKEY!!!

あっ、なに、ランダム曲もOKなの?この声は…紗友希だー、紗友希のラップだー!Juice=Juiceだー!
熾烈なチェイスをカッコよく仕上げてくれるのはJuice=Juiceだけ!全員ラップ体制なの珍しくない?恰好よくない?
コール&レスポンスの「でぃすこー?」のゆかにゃがかわいくて全力で「じょっきー!」するよね
「君は綺麗☆」のセリフパートはかなとも→あーりー→かりんちゃん。
君たちの方がきれいですけど!うれしいですけど!
会場に響く女性ファンの歓声!男性ファンが圧倒されるほどの勢い。

 

Walk

たった3曲で、早くも叫び疲れたファンたち。
ここで安息系かわいいアイドルソングが。今なお本家でライブ披露されないこの曲のイントロで登場するのは……カントリー・ガールズ
歌い出しのありちねパートを、ももちまなかんが忠実にあざかわに再現。
そこを受けてのエースパートで、なんとふなっきが選抜!
ふなっきの力強い「ひとりより強いふたりになっていける 今が満ちていく」からの全員ユニゾン
カンガルのユニゾンのかわいらしさがこの曲にピッタリ!萌える萌える!さっき疲れたとか言ったの誰だ!全然いけるぞ!

 

SHen SHera SHen

続いて現れるのは不思議系ダウナーアイドル・つばきファクトリー
流れるイントロは、謎のワードがタイトルの「SHen SHera SHen」!まさかの組み合わせにファンの頭に困惑と期待が浮かぶ!
「シェン シェラ シェンゲ パンダリロン」って結局なんなんだ!
しかしながら今なおファンが掴みきれないつばきワールドとこの曲、意外と共通点があってしっくりくる
「キミは何だ?」ってメンバー同士指差し合いながら首をかしげる振りが超かわいい。
本家でもそんなとぼけた振りをやってくれ。

 

Fever

さっきまでのおっとりシークエンスが一転、激しいテンポのこの曲で走りよるのはアンジュルム
一つのマイクを分け合って歌うのはかなめいだ!
Aメロのユニゾンは2期メンだ!*1
たぎるぞこの組み合わせ!
畳みかけるBメロ、左右にはけるメンバーを割って高らかに歌い上げるのがむろたん!
「夢を打ち明けろ 心に秘めたるエンブレム」
かーらーの!
「よろしく」って、たった4文字だけのパートなのに、やたらかっこいいあやちょー!
アンジュとお祭りソングの親和性の高さ!アンジュルム最高!

 

Chau#

もうアンジュルム最高しか言葉が無かったところでかかるイントロ。
あれ、あとカワイイ系グループってありましたっけ?ってなってるところで現れるのが、えっ、モーニング娘。16!?
こーいう方向性かー!待ってた待ってた!こういう娘。待ってた!
つまり、かわいいんだけど、ダンスが難しくフォーメーションが複雑という。そしてかわいい。とにかくパステルカラー。ほんとChau#は偉大な曲だな。
一糸乱れぬフォーメーションを12人で華やかに!
「ポップでハッピーなふたり」を歌うまりあ!「僕の手で溶かしたい」を歌うくどぅーのあたりまでは予測してた。ですよねー。
個人的には「君との出会いにセレブレイト」のズッキパートが好き。祝福されたい!あの笑顔で!
大サビ前の「僕じゃない恋にはもう出会わないで」のまーちゃんと「君と僕つないだ手 もう離さない」のフクちゃんには、二人が背負ってるものを感じられてエモかった


愛よ、僕を導いてゆけ

アンジュルム最高!娘。最高!みたいに叫んでるとこに満を持して登場してきたのが…そう、℃-ute先輩だ!
さっきまでのパステルカラーから、一気に照明が暗く、赤く!
薄暗めのピンスポで歌いだすちっさー
ス、ス、スーツだー!
ゴシックスーツだ!
男装だー!
ベリのロクエロみたいな、2次元めいた世界観のキュート先輩が見たいとずっとずっと思ってた!露出度低いのに、パンツスーツなのに、エロいぞ!
舞美先輩のゅぅゃパートに、愛理の有岡パート!大サビ前のいのーちゃんはなかさきちゃんだー!
ダンスがかっちり決まってるのはわかりきってるじゃないですか。かっこいいに決まってるじゃないですか。
ごめん℃-uteも最高だったー!

 

ここでようやくMCをはさんでファンも一息。
濃かった……。
全グループ1曲ずつなのに、濃かった…!
ここからはシャッフルコーナーに突入します。

 

JUMPing CAR

選抜メンバー:鈴木愛(以上℃-ute)、生田、工藤、野中(以上モーニング娘。16)、勝田、上國料(以上アンジュルム)、森戸(以上カントリー・ガールズ)、藤井(以上こぶしファクトリー)


歌い出しがふじどん→かみこ→ちぃちゃんと若手なの、ほんとありがとうやで。
愛理の運転する車に乗って生田が旗振ってるのかわいい。
もちろん英語パートはチェルの独壇場だった。はじけてた。
大サビ前の「君に」3連発が愛理→生田→工藤なのはわざとよな…?黄色い声援の大きかったこと大きかったこと!
あと個人的に伝えたいのは、「君を焦がすまで帰らない」がりなぷ〜だったこと…!
叫んだよね、叫ぶとこじゃないのに叫んだよね。(経緯はこちらをご覧ください。)

 

Boys Don't Stop

選抜メンバー:岡井、中島(以上℃-ute)、石田(以上モーニング娘。16)、竹内、佐々木(以上アンジュルム)、高木(以上Juice=Juice)、稲葉(以上カントリー・ガールズ)、浜浦(以上こぶしファクトリー)


エースを配置してきたぜ!という、歌える踊れるラインナップ!冒頭のだーいしの絶叫からして熱いぜ!
有岡パートのたけちゃんといのーちゃんパートのまなかんが、声はかわいいんだけどかっこよくてがしがし踊っててハマってた
そんな先輩差し置いて「このまま touch the sky」を歌いあげる莉佳子な!それを引き取るちっさー!ありがとう後輩に見せ場をくれて!

 

Puppy BOO

選抜メンバー:譜久村、鈴木香(以上モーニング娘。16)、和田彩、中西(以上アンジュルム)、宮崎(以上Juice=Juice)、嗣永、山木(以上カントリー・ガールズ)、小川(以上こぶしファクトリー)


あーかわいいー!なにこれかわいいー!転がされてるー!
小悪魔万歳!れなこだけよくわかってないでステッキふってるけどな!
残業中に「まだ終わらないの?手伝わないけど」ってももちにツンデレされたーい!
「頑張り屋なのは yes I know 口にしないけど」って山木さんに見透かされたーい!
ポイントはかななんがアルトボイスでささやいてくるとこ!
半分以上があざかわをやってる中、かななんは、仕事ができてお茶目な先輩!お姉さまって呼びたいやつ!

「あれ、なんにもさ おかしなことは言ってないけどなぁ」って、絶対わかって言ってるやろー!

 

Dangerous

選抜メンバー:小田、羽賀(以上モーニング娘。16)、室田(以上アンジュルム)、金澤、宮本(以上Juice=Juice)、広瀬、和田桜(以上こぶしファクトリー)


重厚感あるメンツ!ゴシックワンピとか最高にきまってるじゃないかー!愛僕はパンツスーツだったけど、こっちは全員パニエたっぷりワンピース。
情感たっぷりな小田ちゃんの入りを引き継ぐかーなーとーも!二人ともエッロい!セクシーだぞ!
「一度触れたら離れられない」の羽賀ちゃんと、「その温もりに溺れてくよ」の桜子が、あの、たまらなかったです……。
年少メンバーになにを歌わせてるんだ……。
いや、でも、よかったです…!ありがとう…!
かりんちゃんをサビ前の飛び道具的に使えるあたり贅沢ですね。あやぱんの英語パートもきいてた。

 

ヨワムシ★シューター

選抜メンバー:萩原(以上℃-ute)、尾形、牧野(以上モーニング娘。16)、相川(以上アンジュルム)、梁川、船木(以上カントリー・ガールズ)、井上(以上こぶしファクトリー)


全体的に若めですが、爽やかに歌える子を配置。アロハっぽいカラフルなシャツにホットパンツの素足がまぶしい。
バンド曲なのでみんな楽器持ってるんだけど、タンバリンだのカスタネットだの鍵盤ハーモニカだのセレクトがあざとい!
やなみんにカスタネット与えた人は名乗り出なさい!よくやった!はーちんにトライアングルを与えた人もだ!
まいまいがセンターで小さい子従えてるの、すごくいいね。ただひたすら愛でていられるね!

 

Farewell

選抜メンバー:矢島(以上℃-ute)、飯窪、佐藤(以上モーニング娘。16)、田村(以上アンジュルム)、植村(以上Juice=Juice)、小関(以上カントリー・ガールズ)、野村、田口(以上こぶしファクトリー)


今回のシャッフルのダークホースがここだった。
ボイドン*2かデンジャラスがメインだと思うじゃん?メンツと楽曲的に。
佐藤・田村・野村がばちってるのをハロプロリーダー舞美が聖母のように包み込む、少年漫画みたいなパフォーマンスだった。
あとAメロ合いの手のはるなん&おぜこがいい仕事した。
「意味があるとかないじゃなくて 抑えきれない思いがあれば 理屈なんてどうでもいいから」を、あーりーが歌うの!マジ高まるね。


さあいよいよラストスパート!
全員楽曲はもちろんタオルを片手に!そう、

明日へのYELL

きたー!ラストスパートかけれるやつ!
基本ユニゾンなんだけど、なにが高まるって年齢別にグループ分けてくれたことね!
歌い出しのばくわら世代…!ひきつぐ莉佳子れいれい世代!*3
これが見たかった!グループも年次もばらばらの、ただ同い年というだけのみんなが交流してる、これを見たかった…!
とくにばくわら世代な…
ズッキ…めいめい……りほりほ………

 

Very Very Happy

この美しい曲が正真正銘のラストです。
グループごとのユニゾンで静かに歌い繋いでいく。℃-uteの大人っぽさ、娘の若さ、アンジュルムの力強さ、Juice=Juiceの色気、こぶしの勢い、つばきのかわいさが、ユニゾンなんだけどグループの個性がしっかり見えて、いいですね。


「You are my special とっておきの 未来へと希望へと手を伸ばそう」 
この子達が半年後にどうなってるのか。
すごく成長してたり、かわいくなってたり、落ち込んでたり、新たな道を見つけたり、新しいメンバーが増えたり。
ハロプロの怖さであり同時に楽しみである変化。だからこそ今の彼女たちを見られるのは今だけなのです…。

 

あとこのコンサートではいつものハロコンと違ってメンバー全員のうちわが売られています。ハロプロらしく手書きメッセージ入り。手作りうちわ持ち込んでるファンもいて、やっぱ多かったのは
「こゆびーむ打って」(嗣永)

「魔法にかけて」(生田)
だな。持ちネタ強い。個人的に好きだなと思ったのは
「ラーメン食べて」(浜浦)
「聖母と呼ばせて」(稲葉)
「財布バリバリして」(竹内)
これはファンサか…?うちわ文化大好き。

 

……

………

…………

 

ここまでで約4500字です。私はなにを書いてるんだ。
言及してないメンバーがいるのは、内容的にいれられなかった人ですので、とくに嫌いとかハブってるわけではないです。
書いてみて思ったのは、とにかく「歌割くれ……!」でした。

各個人のキャラクターと武器、そして歌声で歌割や組み合わせを書いたので、ちょっとプロデューサーみたいな気分が味わえました。
「この人にこんなパートがほしい!」はその人の強みとか可能性が見える気がしましたので、ぜひみなさんもほかの曲とかでやってみて頂きたいです。

とっても楽しかったです。

*1:ちなみに2番はタケりな

*2:Boys Don't Stop

*3:ふなっきはここに混ぜられてた

ありがとうの言葉しかない、罪深い人、ジャニーズ楽曲大賞(2016年1月twiterまとめ)

chizuru-t.hatenablog.com

伊野尾慧の序列

JUMPの表記順って年齢別とかアルファベット順*1でもなく、ただなぜか納得してしまう山田始まり薮終わりなんですよね。やぶひかエンドはわかる気がしますが、そのすぐ手前がいのーちゃん、てすごくないすか。

ラスボスの一歩手前にいるいのーちゃん…!
やぶひかを守るいのーちゃん…!

実は一番おいしいポジションにいる男かもしれない。

 

フィギュアスケートが上手そうなJUMP

友人たちがスケオタなので、この時期はいつもスケートの実況でTLが埋まります。

とにかくスケートやってるJUMPが見たい。一押しはゆとゆりペアスケート(やたらプロい)、次にやまありのスピードスケート(ただの男子高校生)、そして「やだー、すべれない〜」なギャル髙木(いたジャン一押し)。

 

露出度が少ない方がエロい場合もある

 ストイックな雰囲気がある子達はハイネック、ムキムキな子は第2ボタンくらいまで開けさせたい。どっちも似合う子達は、自己プロデュースが上手いんだろうなあ。

薮ちゃんを胸元を開けたいにカウントしてるのは、あの人の鎖骨がきれいだからです。ハイネックも似合うけど、とにかく鎖骨。(骨フェチ)

 

smartコン鬼リピなう

JUMP見てると無限に見たいユニットが浮かんでくる…。
そんでそういう妄想を叶えてくれるのが薮ちゃんで、超えてくるのがいのーちゃんだって夢見てる…。

まだJUMPingCARが手元に届く前だったのですが、smastコンってライブDVDとしてよくできてると思うんですよ。
新参の意見ですけど、だからこそ新参を囲うには持って来いだって一言言っておきたい。

 

ありがとう、菅田将暉…!

やまゆとの菅田将暉の取り合い見てると、三次元が二次元を追い越してるなっていつも思うの。

 

ありがとう、平成タイムジャンパー…!

平成タイムジャンパーさんには感謝しかなかった。

薮ちゃんが出ずっぱりの企画を用意してくれたことも、それがゲームという薮ちゃんにぴったりかつ同世代にすごいヒットするコンテンツ*2だったことも、地味に違いない企画をそれでも面白くしようとしてくれたことも。

とにかく薮宏太の可能性を垣間見せてくれてありがとうでした!

幼い頃スーパーエリートJrだったからなのか、それとも全然関係ないのかわかりませんが、薮ちゃんは当時の遊びを網羅してる気がするんだ…!

とりあえず週刊ファミ通の連載から始めて同世代あるあるネタでひそかにカリスマ化、アメトーーク!に出るところまでは考えてみた。(先走りすぎた)大体よゐこの有野さんだった。

樹木希林さんというのはつまり、他に代えがたい存在ということですね。大好き。

 

ありがとう、神木隆之介…!

やっぱり「探偵学園Q」という作品は偉大だったと思うんですよ。 神木くんの連ドラ初主演作であり、山ちゃんのデビュー作であり、志田未来ちゃんの飛躍作。山田金田一の布石とも言える絶妙なアレンジの漫画実写化。毎週見てた。

とくに神木くんと山ちゃんの関係性の変化な。漫画よりだいぶ少女漫画だったけど、自分の好きな正反対系シンメで当てはめるとたまらんですよ。

そんな二人が!いやさ神木くんとトリオが!実際に同級生だったミラクルに頭を抱えてしまう!

いいんだ、神木くんの語る高校時代のエピソード、同じ空間にトリオがいたんだなあって考えるだけで楽しかった(変態) 

 

推し歴公開。

ショタが好きなんだろうなあ…。(罪深い)

 

正確な推し歴公開。

ちなみに断絶と断絶の間の生田氏は「花ざかりの君たちへ」です。

断絶の前の生田氏は、同輩が次々デビューして私が見守らねば!となった、新感線以前の生田氏です。
そしていったん離れた後すくい上げてきたのも生田氏だから、生田氏には感謝しかないし、同時にほんっと罪深い存在でもある。

ちなみにちなみに最初の生田氏は天才てれびくんあぐり中居正広のボクらはみんな生きているです。

生田氏はすごかったんだよ!

 

伝説のFour Tops様

念のため書いておきますが、Four Topsとは生田斗真山下智久風間俊介・長谷川純で結成されたJrグループのことです。

旧B.I.G*3。大好き。

あの頃の職人的Four Topsがすごい好き。

同窓会的に集まって歌って欲しいなあ。生田氏もハセジュンもカザポンも歌うまいんだよー!ダンスもうまいんだよー!

お願いします、少年倶楽部プレミアム様かジャニーズカウントダウンコンサート様!

 

ジャニーズ楽曲大賞お疲れ様でした

こういう遊びをしてました。

とにかく我Iとキミアトに分散されたのもったいなかったという印象。しかし両方良曲だったんだよー。

予想記事を見てもらったらわかるんですが、まったく想定に入れてなかったのが、「愛よ、僕を導いてゆけ」「Chiku Taku」だったんですよ。

「Chiku Taku」は発表から間もないからそこまでじゃないかなと思ってたせいで、「愛僕」に関してはアルバム曲の中では上位にくるとは思ってたけど完全に侮ってました。まさかの全体で10位…!

思うにJUMPのみならずジャニオタは歌謡曲が好きなのではと。そしてJUMPと歌謡曲は相性が良いのだと。

そんな記事を書きたかった。(ここで供養)

あとおまけのコンビ部門

 

付き合いの長さや揃い具合やエモさとかそういうことじゃない、ファンの欲目を抜いたセット扱いてなんなんだろうね…。

ファンどころかメンバーの中でも「あそこだけ特別だから…」て扱いをされてるやぶひか。それを汲んでファンが別格扱いしてるのか、ファンが別格扱いしてるからメンバーも察してるのか。

もはや鶏が先か卵が先か、不思議なコンビ・やぶひか。

 

お誕生日おめでとうございました。

無事、ブログ書けました。

26歳おめでとうございます。

 

*1:嵐先輩がこれ

*2:先月リトラでミニ四駆にテンション上がってたのが何を隠そう薮ちゃん

*3:B.I.Gには他にも田中聖・五関晃一・福田悠太とかいた。ちびっこJrの宝庫

薮宏太の美声に酔いしれるソロパート10選

薮ちゃん、26歳のお誕生日おめでとうございます。たいへん遅くなりましたが、祝わせていただきたい。

私がJUMPに落ちてから大体1年くらいになるんですが、落ちた原因となる楽曲の中に、「切なさ、ひきかえに」と「スクランブル」があるんですね。*1

 

これを作詞したのが薮ちゃんだったのを知ったときの驚き!

そしてそのパフォーマンスのかっこよさ!

 

担当と名乗れるほどのキャリアも金も積んでないんですけど、JUMPの中で誰がとなったら薮ちゃんの名前を挙げざるを得ない、そういう存在になっていました。

薮ちゃんの歌声が本当に好きなんです。他にもいろいろありますけど、兎にも角にもやっぱり歌声が好き。
というわけで、お誕生日企画に替えまして、私の好きな薮ちゃんの歌声10選です。


愛よ、僕を導いてゆけ

儚い夢に願いをかけて 眠るだけの恋が終わり

 

出来ずに持て余して

まずは何より歌声が安定してるのが薮ちゃんの魅力ですね。
カウコンのとき「CD音源?」て思ったくらい、安定したリズム、音程、声量。

そして歌詞世界への理解力。どの歌もしっかりした説得力を持つけど、中でも「愛よ、僕を導いてゆけ」をはじめとする歌謡曲は抜群。
アルバムの時も思ったけど、薮ちゃんのしっとりした歌の説得力ってなんなんでしょうか。

JUMPの歌と言えば山ちゃんですが、彼の歌声は過剰なほどの七色の演技力なんですけど、薮ちゃんのそれは必要最低限なのに足りないということがまったくない、という引き算の美学のようにも見えます。

 

RELOAD

Step を決めて… A-ha 
込めた思いを

この曲と言えば爆モテ有岡大貴&山田涼介のツートップですけど、実はコンサートで披露されない2番のサビを歌う薮宏太ね!

この人はフェイク系がとんでもなく魅力的なんですけど、*2小刻みなリズムの中混ぜてくる「A-ha」とか「込めた想いを」の色っぽいことと言ったら!

バラエティのふにゃふにゃ加減とのギャップがほんといつもすごい。このギャップはもっと表に出るべき!

 

Hero

Once upon a time there was a shadow flying in the sky
We could barely see?

一番がまるっと英語、圭人作詞の明朗明快な名曲。出だしのサビを受けて最初に薮ちゃんのソロがくるんですが、この英語を流暢に歌いあげる薮ちゃんに惚れないわけある!? 
薮ちゃんが出してくる男っぽさが、英語だと顕著に現れる気がするので積極的に歌っていただきたいところ。 薮ちゃんって小顔、細さ、ふにゃっとした笑顔らへんからJUMPでカワイイやっても違和感ないけど、その中身はJUMPで一、二を争う「男の人」だと思うので。

スルー(Hey!Say!BEST)

(ビルの隙間に)吹く風に追いやられ
まだ慣れない暮らしに 溜め息 少し増えたみたい

 

あの日生まれた この何よりも一番(大事な思い)

 

(外はまだ)行き交う人の声と(灰色のまくが覆う星座)

 

誰も知らない 知らなくていい

BESTってのは非常に完成した5人組だと思うんです。

歌声に特徴のあるいのたかありがいて、さらに永遠のシンメハーモニーやぶひかがいるっていうバランスもだし、
大ちゃんをセンターに置いたら落ち着くフォーメーションもだし、何より全員が何も言わずに薮ちゃんに大事なところまかせておけば大丈夫だなって信頼してる感じ!

私はスルーとKAZEKAORU大好き芸人なんですけど、スルーのハモりと輪唱はほんと好き!

大サビ前の薮ちゃんが安定すぎて、ほんと好き。こっから同期・いのーちゃんに繋がるところもエモくて好き。

BESTは誰一人かけてもこの奇跡のハーモニーにならないので、早くBESTコンしてください。お願いします。

 

切なさ、ひきかえに

愛おしいくるおしい壊れるほどに

 

ピンからキリへとほら惑わす(艶やかなヒカリ)

 

You are my light

 

(あなたという このヒカリに包まれていたい)
包まれていたい

 

耳を澄まし目を凝らし記憶してく あなたいるこの時

 

いつの日かあなたを照らせたら

 

セピア色 暗い心に色増やしていく

 

ひとつひとつ魅せる形に恋焦がれるの

薮ちゃんと言えば作詞!

JUMPに、ひいては薮ちゃんに落ちるきっかけになった曲。

具体的なシチュエーションも道具もでてこない、ただ感情の動きだけを見せられる、抽象絵画コンテンポラリーダンスのような曲。Hey!Say!カワイイJUMPちゃんの、カワイイ装飾を限界まで剥がして生身で勝負しろって言われたらこの曲になると思う。

シンプルで美しくて、それも素材の美しさと努力の美しさが光るような。

これを薮ちゃんが作詞したとわかったとき、なんて静かに深く人を愛する人だろう!と思いました。

やわらかい言葉遣いと薮ちゃんの声がすごく合う。

 

スクランブル(Hey!Say!BEST)

背伸びしすぎねと僕に囁きながら 
いつも自分で踵をあげたね

ああ 心さえ (涙さえ届けられたら)   伝えたくて Ah... さまよう

低音から高音まで心地よく響く薮ちゃんの美声に酔いしれるにもってこい。

「切なさ、ひきかえに」が抽象的だったのに対し、比喩的ではあるものの背伸びしたキスだの手をつないだりだの、具体的なシチュエーションが浮かびます。

加藤シゲアキ先輩が開いてくれた小説家という道を期待したくなる文才ですが(実際2015ベストコーナーにおいて薮ちゃんの職業は小説家)、今はJUMPファンだけが薮ちゃんの才能を知る贅沢にひたれる優越感を感じていたいです。

……正直、いつかは見つかると思うんです、この才能。
だからこそ、今だけは。

あと、この曲は全員の声の違いによる厚みを楽しめる曲でもある。
スルーは多様さ、スクランブルは豊かさ。

 

Ride With Me

Surviveするため誰か蹴落とす?No way

 

傷つけあう事に 
意味なんてないんだ

 

I know,You know 

 

悩んでる時間もない

このめっちゃくちゃかっこいい好戦的な曲で、それでも他人を傷つける選択をとらないのがHey!Say!JUMPだし、それを歌うのが薮宏太ってのがほんと正義

私はこの曲の真理は「Surviveするため誰か蹴落とす?No way」だと思ってます。

誰もやったことのない道を切り開くのも、他人を傷つけないのも絶対難しいんだけど、でもそこで諦めるなよって歌ってくれるのがJUMPらしさだと思うので。

そんでそういう指針を示すのはいつだって薮ちゃんだと勝手に思ってる。

 

UNION(有岡大貴・八乙女光・薮 宏太)

激しいほど揺さぶる 重なりあう音に乗り
その真髄から声出せ Say “Wow wow”
流れる旋律 ほとばしる戦慄 乾いた空気に轟け
目と目が合った時に 滾る想いは That’ s “UNION”

 

霞んでいく目の前 絶望に屈する前に
導かれるように声出せ Ssy “Wow wow”
悲しいほど 狂おしいほど 誰かに届くように
交差する激情 色濃く強く That’ s “UNION”

 

両隣から流れるメロディに木霊するように
声を枯らして進むんだ 高まる高鳴るこの鼓動

 

呼応する 音が That’ s “UNION”

UNION様には感謝の言葉しかないんだけど、これはほんと八乙女光の「薮を歌わせたい」が全てというか。光君の気持ちに対する薮ちゃんのアンサー。

意外とぐっと来たのが、歌詞。

薮ちゃんにとってUNIONというものは「歌」であるという解釈でいきますけど、この人は結構「歌」というものを大切にしている人だと思うんですよ。

その薮ちゃんが「声を枯ら」すという選択を、することがあるんだなと。それほどまでしても伝えたいものが今の彼にはあるから、この曲はこんなに響くんじゃないかしら。
「悲しいほど 狂おしいほど」彼が伝えないといけないものがなんなのか、私たちはまだぴんときていなくて。

そんな彼の激情がどんな形で表出してくるのか、を待てる楽しみがあります。たぶん、それは悪いメッセージじゃないはずなんです。*3

 

DREAMER

遠くに聞こえてる 夢が(僕を呼んでる)

 

泣き顔の帰り道 夜空に浮かぶ 月のように 
(見上げれば 君にエールを
送ってる僕達が そばにいるよ)

薮ちゃんには早く子守歌CDを出していただきたい。*4

それってこの曲に代表する優しい歌詞と優しい歌声のおかげだと思う。薮ちゃんを構成するひとつにやっぱり「優しさ」ってあると思うんですよ。

それも誰かが困っている時にすぐ手を差し伸べるような優しさではなくて、他の人のことを話してるような振りで、的確なアドバイスをくれるような優しさ

圭人みたいな紳士的な優しさでも、ゅぅゃみたいな全部受け止める優しさでもない、むしろ、ちょっとわかりにくい種類の優しさを持つ人だと、勝手に思ってるんですね。

ファーストアルバムの1曲目にこの曲を書いた、薮ちゃんの優しさにはずーっとついていきたい

 

Dreams Come True

手を伸ばしてごらん 
きっとここにいるから

最後に紹介するのは、コンサートの合唱パートとしてお馴染みのこの曲。
このパートを薮ちゃんが歌うことの意味について改めてお考えください。

薮ちゃんが「ここにいる」ことを選ばなかったら、きっと他のメンバーも「ここにいる」ことはなかったんだと思うと、薮ちゃんの生誕に、選択に、継続にひれ伏す程の喜びを覚えます。

名実共にJrのトップだった時代、バラバラのメンバーをまとめないといけなかったデビュー当時、CDを出せなかった時期、いろんな時代があったんだと思います。その内心が実際どうだったのか、本当に知ることはできません。 いろいろあったんじゃないか、というのさえ私の推測です。

でも、こうして「ここにいるから」と歌い続けてくれるなら、それだけでいいのです。

 

薮ちゃん、26歳のお誕生日おめでとうございます。

薮ちゃんの歌が、今年もたくさん聴けますように。願わくばその先もずっと。

今年一年息災でありますように。彼にとって楽しい1年でありますように。

JUMPが一年息災でありますように。JUMPにとって楽しい1年でありますように。

*1:あとは言わずもがな「ウィークエンダー

*2:SUPER DERICATEとか、スギルセツナとか、Super Super Nightとか、Verry Verry Happyとか

*3:JUMPが売り出されるというこのタイミングを、9人は全員よくわかってると思うんですね。だからこのメッセージは個人に対する何かより、もっと大きなものへのメッセージである、というのが個人的解釈です

*4:それを聞きながら眠りにつきたい。疲れててもよく眠れそう

こぶしファクトリーがいかに面白いかについて

chizuru-t.hatenablog.com


こぶしファクトリー、レコード大賞最優秀新人賞おめでとう~!おうちで薮ちゃんのうちわ*1作りながら見てました。

レコ大の映像は何回も見返してしまう。1回目の自信あふれるパフォーマンスと、2回目のうるうるきながら笑顔があふれるパフォーマンス。見比べるとすごいかわいいよ!

 

私のブログで一番アクセス数が多いのはずっと「一般の人にハロプロを布教するためのカラオケセレクション」だったんですけど*2レコ大以降はこぶしで検索する人がめっちゃ増えた感触。ということでこぶしの記事を書きます!

 

年明けにやってきた新曲について。これがめっちゃすごいの!こぶし今めっちゃ面白い!

こぶしの面白さって、キャラクターと歌声のバリエーションだと思ってるんですけど、それに加えて成長速度のスピードなのかなって言う。
だって、今「念には念」とか「ラーメン大好き小泉さんの唄」のPV見てみてください!もう進化のレベルが分かるから!

 

桜ナイトフィーバー

www.youtube.com


歌割がほぼユニゾンだったから、1回目見た時はしっくりこなかったんですが、歌詞を見たら、なんかすごいこぶしっぽいなと笑ってしまった。

*3

 

「桜ナイトフィーバー」、桜の木の擬人化なんですね。

 

んで、お花見と称して大騒ぎしてる(=ナイトフィーバーしてる)人を皮肉った歌なわけで。
今は、トンチキ歌詞(だけどすごくいいこと歌ってる)とインパクトのあるふりつけ(しかし叩き上げだから美しい。レコ大も美しかった)の方向性で覚えてもらう路線をとるので正解!

 

この歌はとにかく藤丼がかわいい。
Aメロの一人パソコン作業やってる振りが やたらリアル。だけどそのあとにっこにこしてるとことのギャップがかわいい。藤丼、演技力結構高いんじゃない…?
確かにドスコイの振り付けに採用されてるってことは、そういうことだもんな…。
藤丼は歌もライブパフォーマンスも安定してるがゆえにそんなに目立たないんだけど、ああこっから攻めてくるんだな…!っていう感動。

あとこの子は全体的に超楽しそうで、楽しそうな子ってこっちも笑顔にさせるから、こういう子が多幸感の源

 

あとはたぐっちのラスト「夜は眠りた~い」がとにかくかわいい
たぐっちの前にたぐっちはおらず、たぐっちの後にもたぐっちはいないので*4たぐっち自体がもはや、すばらしき財産。
「チョット~!」のPVもそうなんだけど、ビジュアルが幼さを残したまま伸びを見せてきたのが、女の子の羽化を我々は今まさに見ているんだなという感じで…!
たぐっちこぶしにいてくれてありがとう……!

2016年2月29日追記:

桜のMVすごい!たぐっちすごい!とにかくたぐっちが有能!見る前に「たぐっちこぶしにいてくれてありがとう」とか書いてたけど、見たらより一層たぐっちのこと好きになった!ありがとうたぐっち!

「チョット愚直に!猪突猛進」

youtu.be

ねえ、これすごくない??
ヒャダインこと前山田健一作詞作曲のこの曲は、みなさんご存じのとおり、つんくイズムへのリスペクトが入ってて、超ノリノリで楽しい。一緒に「チョット!」って叫びたい。
しかも桜ナイトフィーバーでもの足りなかった「ハロプロ的メッセージ」がたくさん入ってる!

 

この曲はPVと一緒に見るのが楽しくて。
ていうのもポイントは、みんなのみなみなこと野村みな美です。
こぶしを面白くしてる要因の一つには、絶対野村みな美の全力前のめりパフォーマンス」ってのがあると思うんですよ。
みなみながいつでも全力だから、他のメンバーも手を抜けずにばちばちするしかないのが、飽きずに見てられるという理由かも。

そしてこの曲の「猪突猛進」部分を、みなみながめっちゃ背負ってる
あの子のいのししダンスがすごい前のめりなので注目してみてください。いつでもみなみなは見分けがつくから!

 

歌声のキーパーソンはらっこちゃん。
らっこちゃんこと和田桜子ちゃんはライブ映像で見るとちょっと心配というか*5、安心してキャーって言いながら見れる*6ではないんですよ、実は。
なんだけど、CD音源で聞いた時に一番輝くのって、らっこちゃんなんですよね。
声質に特徴があってずっと聞いていたい声。デビュー曲から全部に、コンスタントにおいしいパートもらってるのもらっこちゃん。
声質ってのは歌手にとって大きな財産なので、もうこっかららっこちゃんがどう進化していくのか、伸びしろしか見えないのが超楽しい。

 

そんで隠れたキーパーソンが、れなこ。
レコ大で美しすぎる涙を見せていたれなこは、このがなりまくりパワフルこぶし路線において結構一人ゆるいというか、ふわっというか、アイドルっぽい感じの歌声のままなんですよね。
けどそのれなこがいることでこぶしの今後に可能性がめっちゃ広がってるわけで。
頑固で前向きで不器用なこの曲の主人公を表現するのに、歌声じゃなくて超美しいドヤ顔で攻めてきたんですよ!
そうだよね、こういうタイプの頑固な子いるいる!
必死さではなく、そういう自分のこと嫌いじゃないんですって笑顔でごり押ししてくるタイプ
もー、こぶしの引き出したまらんな!

 

「押忍!こぶし魂」

www.youtube.com

タイトルとジャケ写から嫌な予感しかしなかったのにこんな裏切り方ある!?

こぶしちゃんお得意のお説教前向きソングなんだけど、この曲が他と違うのはどこか「もの悲しさ」が漂ってるところ。特に2番の

世の中はどうやったって
過去を
省みたって
やったことは
取り消せないのさ

の部分とか、一度起こった出来事はひっくりかえらないという辛すぎる現実を突きつけてくるアイドルいる!?そこからの頑張るしかないとか、社会人には染みて沁みて、こんな良曲いっぺんに投入してきて大丈夫!?ネタ切れしない?

あとこのPVのいいところは後半に全員が一列になって同じ振付をするところがあるんですけど、ここがメンバーカラーできれいにそろってると「ああ、グループになったんだな…!」と実感できます。振りが単純だから揃いやすいのできれいです。オススメ。

 

れいれいとはまちゃんが背中合わせになる「この瞳でスクリーンショットしたい」が異常に美しくて…!
あと、「念には念」のときから思ってたんだけど、れいれい、カメラ映りのセンスがめちゃくちゃよくないですか?
視線の持って行き方とか、表情が。
こぶしに限らず、他グループの新人さんとかリップシーン持て余してる感じがあるんですよ。うまい子は自己プロデュース力がうまいんだと思うんだけど、れいれいのそれはどっちかっていうと何気にやったらできた、って感じのうまさなんです。こりゃ恐ろしい才能だぞ!
歌割も引き続き多くて、期待されてる最年少。
この子は大切に育てて頂きたいので、みんなプレッシャー与え過ぎないように気を付けて!

 

ほかのメンバーの歌唱や輝きが大きくなったことでちょっと埋もれちゃったかなーという感があるのが、あやぱん。
けどライブになったら誰よりも安心するのがあやぱんとはまちゃんなんですよね。そこはまったく心配していない。
だからあやぱんはむしろ歌声以外の武器を見つけないとっていう段階に、早くも来ちゃった感がある。
しいていうなら、リップソロの表情のバリエーションが少ないかな。
今のこぶしはドスを効かせた迫力路線だからあんまり気にならないけど、これからかわいい曲や大人びた曲を歌う時にきっと必要になってくるはず。
同じ16歳の時のりーちゃん(Berryz工房)は「雄叫びボーイWAO」であの声を獲得し、「友達は友達なんだ!」で等身大の女子になり、「ヒロインになろうか!」でその次のセクシー路線への片鱗を見せていたので。
歌声以外の武器も手に入れたあやぱんは、もっともっと無敵になれるはずだから!

2016年2月29日追記:

あやぱんだけだめだしっぽいかなと思ってちょっとだけ追記。ひなフェスの空回りリーダー振りと、こぶし組発足のときの組長コールにびびってる*7のが、これからのキャラ立ちを予感させて楽しい。リーダーはしっかりして歌もうまいコメントもうまいんだけど、16歳らしさと16歳だからこそを楽しんでほしい…アイドルの十代は短いんやで…!ってもはや親のような心境で応援してる。

 

どんな曲でもどんな振りでもどんな衣装でも、いつでも美しいはまちゃんはこぶしのエースだと思ってるけど、思った以上に応援団コスプレ似合うな…!
はまちゃんは奇跡のスタイルを持った童顔アイドルという側面と、「はまちゃん大佐」*8の面を持ってるから、このトンチキ路線でも依然として輝いていられるのだろうか…。

はまちゃんはデビュー以来歌割があろうとなかろうといつでもぎらぎら頑張ってるんだけど、「明日が待ってるぜ」の力強さ!1曲ごとに成長してるよなあ…。
レコ大、「誰もがニッポンを憂いてる」の歌い方が変わってて、ライブで学んだんだろうなって感動した)
この応援歌にはまちゃんを重ね合わせると、途端にエモくなりますのでそういった路線からも楽しめます。

 

 

 いかがでしょうか。こぶし結成から1年がたちましたけれども、まさかこんな化学反応がおこるとはだれも想像していなかったのではないでしょうか。。
今年もこぶし、面白いぞきっと!

*1:カウコンに参加してた

*2:たぶん「ハロプロ カラオケ」で検索するとひっかかるんだな…

*3:最初はこっちをはってました…ライブ映像が楽しいので是非!

youtu.be

*4:加護ちゃんのいなかった辻ちゃん、っていうのが一番近いのかもなあ

*5:たぶんダンスだ…

*6:安心してキャーって言いながら見れる子とははまちゃんあやぱんのことである

*7:

ameblo.jp

*8:Hello! Project ひなフェス 2015 ~恒例のメンバー全員大抽選会!!~ - YouTubeとかHello! Project ひなフェス 2016 〜総勢51人の大抽選会!〜 - YouTubeとか

スルーとKAZEKAORU大好き芸人、薮ちゃん余生説、野球で全てが例えられる(2015年12月twitterまとめ)

 

chizuru-t.hatenablog.com

chizuru-t.hatenablog.com

しれっとはじめるよー。

伊野尾慧の台頭

よきことですが、感動は薄れてまいりました。

いたジャン小ネタ集ハイライト

 

このいたジャンは番組が一番の一大事前後半のやつです。

薮様がメンバーを触るの好きですね。
嵐にしやがれでゆうとりんの首のほくろ触るのとかたまらんかった。

スルーとKAZEKAORU大好き芸人

JUMPのハモりが好きなので、UMPとかドリカムとかの初期曲がすごい好き…。
JUMPデビュー時はまったく興味がなかった(NEWSすら覚えるの諦めた時代だったから…)が、みんなを覚えて歌声聞くと、ダンスを簡単にした分、歌に力入れたのかなって思えて、そういうJUMPちゃんの意地っ張りなとこ好きやで…。

KAZEKAORUに関してはこちらで書いたこれが全て。

我が家に来る人の恒例行事

すでに二人ほど引きずり込みましたが、まだ件の彼女は一回も来てないし見てないし、もちろん認知もしていない。

いつか認知する日をすごく楽しみにしてる

 

メンバー大好き、慈愛の女神、JUMPは全て俺のもの。

ゆーとりんの出演作をよく見てくれているメンバー。すごい納得の人選だった。

 

リトラの中の人、80年代生まれだろ?

*1

記憶を思い返すに、ミニ四駆からのビーダマン、ルアーフィッシング。
ハイパーヨーヨーからのベイブレード
かーらーの、遊戯王カードじゃなかったかな。
別軸同時進行が、ポケモンデジモンゾイドで、80年代〜90年代前半はこれで大体カバーできるはず。

ソースは88年生まれの弟を持つ私

誰にも伝わらない好きなところ

マニアックな好みポイントを挙げる予定が、後半にいくにつれそうでもなくなったダメ企画。
しかしいのーちゃんの喉仏とゆーとりんのジャケットプレイはほんと推していきたい。すごい好き。
そもそも薮ちゃんのみをつぶやく企画だったのに、輪郭だけってひどくないか、私。

リベンジ、うんリベンジする!

黄金期の亡霊

記憶の彼方に歌の上手いちびっここと薮ちゃんがいて。しかしそれがどうも今の薮ちゃんと繋がらない、という話。とはいえ、同じ歌の上手いちびっここと亮ちゃんも成長見てるはずなのに繋がらないので、男の子の成長ってすごいなーと不思議でしょうがない
少年の歌のうまさというものはたぶんどこか似ていて、それが大きくなるにつれて歌声に個性が反映されて変わっていくのではないかと最近思うようになった。

 

薮宏太 現在余生説

ずっとJUMPメンバーにどんなお仕事が来たらいいかなって考えてるんですよ*2
なんだけど、薮ちゃんだけがいつも受動的に見えるというか、来たお仕事は確実に打ち返していくんだけど、ガツガツしてる人でもないので、この泰然とした感じがすごい余生っぽいという話。必死に稼ぐ必要がないぜって感じというか。あれこれ若隠居じゃん、と。
薮ちゃんは表面がそう見えるだけで、内面は熱い人なんじゃないかなとは、勝手に思ってるけど。

大抵のことは野球で例えられる。

けーとの扱いひどいな…。(反省)
いやでもけーとには、けーとのプレイを見た全国の小学生が自分もやりたいって言って夢を見せてくれるタイプのプレイヤーだから…!
JUMPartyで野球やってくれ!

伊野尾がいてよかった!

いたジャン反省会を見てた。
マツコさんの元発言は「勝田(里奈@アンジュルム)がいてよかった!」です。
伊野尾慧=勝田里奈を一人でずっととなえてる。

 好きな人のタイプ。

これもいたジャン反省会から。
優しそうに見えてめっちゃ頑固、っていう人が好きです。

Hey!Say!JUMPと茶番

JUMPと茶番の相性の良さな。
私の見たいJUMPartyはフィギュアスケートとTRPGとシュガークラフト(マニアックすぎる)。

掟上今日子の置き土産

いなかった。杞憂だった。

*1:まきたちゃんは同級生

*2:担当あるある。

ジャニーズ楽曲大賞2015を予想してみる(Hey!Say!JUMP編)

ジャニーズ楽曲大賞さんの投票が終了いたしました。
2013年「Come A My House」、2014年「ウィークエンダー」と2年連続で大賞を受賞しているJUMPちゃん、今年はどんな曲が上位に来そうか、ファンはどんな曲に入れそうか、を予想することで、JUMPちゃんの2015年を振り返ろうという企画です。

 ちなみに私の投票結果はこちら。

chizuru-t.hatenablog.com

 

それではまずは今回のノミネート曲から。

 

殺せんせーションズ(2015年03月18日)

  • 殺せんせーションズ(せんせーションズ)

Chau#/我 I Need You(2015年04月29日)

  • Chau♯
  • 我 I Need You
  • スルー(Hey! Say! BEST)
  • KAZEKAORU(Hey! Say! 7)

JUMPing CAR(2015年07月31日)

  • JUMPing CAR
  • Walk
  • SHen SHera SHen
  • キラキラ光れ
  • 愛よ、僕を導いてゆけ
  • Fever
  • Boys Don’t Stop
  • Dangerous
  • ヨワムシ★シューター
  • Farewell
  • Very Very Happy
  • 殺せんせーションズ (Hey! Say! JUMP ver.)
  • UNION(有岡大貴・八乙女光・薮 宏太)
  • ペットショップラブモーション(知念侑李・中島裕翔・髙木雄也・伊野尾慧)
  • Viva!9’s SOUL
  • 3月14日~時計(山田涼介・岡本圭人
  • Puppy Boo
  • DISCO JOCKEY!!

キミアトラクション(2015年10月21日)

  • キミアトラクション
  • Shall We?
  • NEW AGE
  • Ignition
  • ChikuTaku
  • 秋、晴れ。僕に風が吹いた。

 

 

ではこの中から本命、対抗、穴、大穴で予想してみます。曲数も多いので複数紹介してしまうけどごめん。

 

本命:キミアトラクション

キミアトラクション:
JUMPカワイイ路線の到達点にして、複雑怪奇なフォーメーションをあっさりやりとげるダンス能力の披露、そして知念・有岡・伊野尾をセンターに配するチャレンジ精神・・・など、変化の年・飛躍の年であった2015年を象徴するようなこの1曲。
年末から新年にかけて投票が行われることもあり、後半に発売されたことから記憶に残っている人も多く、有利に働くのではないだろうか。
一曲に集約させて高順位を狙うなら、この曲にいれるのが安牌かなーというイメージ。

対抗:殺せんせーしょんズ、我 I Need You、ペットショップラブモーション

殺せんせーしょんズ:
山ちゃん主演映画の主題歌、なぞのキャラクター設定、かっこいい路線、と2015年における特異点
2015年のJUMPちゃんはずっとカワイイ路線を貫いていたので、かっこいいJUMPちゃんが好きな人はここに集約するのではと言う予想。
ちなみに私はこの曲で、「一番のサビに伊野尾ちゃんが!」と大騒ぎしたので、伊野尾革命の最初ののろしだと勝手に思っている。

我 I Need You:
両A面シングルでありながらPVもTV披露もなかった不遇の名曲。
ジャニーズWESTが歌ってそうな畳み掛けるテンションアゲアゲな曲は、なんといってもサビ前にある「その唇うばっちゃってもいいですかー?」「いいですよー!」が真骨頂。
スタンドマイクでの披露はコンサートに行けなかった全JUMPファンが血涙を流しているはずなので、執念のランクインが期待される。

ペットショップラブモーション:
アルバム曲、しかもユニット曲という、他グループ担も参加するランキングでは若干推しにくいハンデをものともせず、むしろ「この曲聴いて!やばくない?」「JUMPの引き出しすごくない?やばくない?」と聞かせて回りたい衝動にかられる衝撃の迷曲。
知念・中島・髙木・伊野尾がペットになりきって飼い主に僕を飼ってくれとささやく魔性の歌は、伊野尾プロデューサーの才能(コンセプト発案)に嫉妬が止まらない。
もっとやってくれ。

穴:Chau♯、JUMPing CAR、キラキラ光れ、Viva!9’s SOUL、3月14日~時計

Chau♯:
なんだかんだシングル曲は強いはず。
全員20代なのにパステルカラーで王子様をやってくれるJUMPちゃんのファンタジー適応力に加え、永遠の王子様・山田涼介に「僕じゃない恋にはもう出会わないで」と歌われる担降り禁止ソング。
しかし2015年はキラキラ光れ、キミアトとカワイイ路線を続けていったので、どっちかを選ぶなら、とこっちじゃない方を選んだ人が多い予感。
ぜんぜん関係ないけど伊野尾革命まっしぐらな名パート「ポップでハッピーな二人」は、非常に使い勝手のいいフレーズでした、2015年。

JUMPing CAR:
2015年のJUMPツアー「JUMPing CARnival」における、ある意味象徴のようなこの1曲。
ツアーが楽しかったというお声をインターネットでたくさん聞いたので、5曲選べるならその中には入るんじゃないかなーというイメージ。
個人的には薮先生の「真夏のスイートハニー」の低音ハモりでやられた一曲。大好き。

キラキラ光れ:
アルバムからのリードチューンとして、TVでいっぱい披露された曲。
24時間テレビでも披露されたので、アルバム発表時期~24時間テレビあたりの記憶と強く結びついているのではないだろうか。
事前番組を追い、レコーダーの容量を空け、先輩にと上手く絡めるか(勝手に)はらはらし、そして24時間を律儀に付き合ったJUMPファンが、費やした夏を後悔しない程度には、この曲が魅せてくれた思い出。JUMPちゃんの「キラキラ光」る姿に一票入れる人も多いのでは。
個人的に、この曲はゆうとりん。とにかくゆうとりん。


Viva!9’s SOUL:
(多分)待望のJUMP自己紹介ソング。
一人ひとりを順番に紹介していく間はその人が主役としてステージを独り占めできるし、一緒にコールもできてコンサートではそりゃ楽しかろう!な1曲。実際楽しく叫ばせていただいた。
ただ大ちゃんのところがオチのように使われているところと(それでもある意味おいしいんだけど)、在宅ファンにはそこまで響かないかも、というところで穴とした所存。

3月14日~時計:
発表時の「あれ…圭人…?圭人の声……えっ?」と物議をかもしたやまけとデュエットソング。
個人的な話で恐縮だが、長らく聞くことができなかったのを、カウコン*1のパフォーマンスで見解を改めた。半年かけて育ててきたのは曲だけではなくて2人の関係性もだったのかもしれない。
圭人のソロはないかもしれないけど、決して山ちゃんの引き立て役ではなくて、ちゃんと対等で、むしろ力強く支え、何倍にも良さを引き上げる圭人の格好良さといったら!
カウコンの記憶が生々しい今、ポイントを与えたくなってしまうこと間違いない。カウコンのもDVDに収録してくれ、お願いだ。

大穴:UNION

UNION:
だって、みんな大好きUNION(決め付け)ですよ。
メンバーが薮ちゃん・ひかにゃん・大ちゃんですよ。JUMP三大過激派ファン(決め付け)がいるところですよ。
「JUMPちゃんに高順位取らせて上げたいから、みんながいれそうなこの曲に入れよう~❤️」とかそういうことじゃなくて、「この曲以外なんの曲入れるの?」(真顔)って感じの人が多そうな(決め付け)UNION様ですよ。その過激派ファンがどのくらい存在するのかに、いろいろかかってるんじゃないかな。
もちろん私も大好きですとも。もちろん投票しましたとも。この曲に投票しなくてなんの曲に入れるの?(真顔)


以上になります!
あくまでも私の勝手な予想です。
でもこの曲がよかったねとか、あれが高い順位いきそうだなって予測立てるのって楽しいじゃないですか。
他のグループの曲ってせいぜいがシングル曲とかしか追いかけられないけど、ランキング上位に入った曲から聞いてみようかなってなるので、できたらそういうまだ見ぬJUMPファンに「JUMPっていい曲歌ってるんだね」って思ってもらえる曲が上位にいったらいいなーという願いをこめて。

発表は1月中旬~後半だそうです。楽しみー!

*1:そのうち感想書きます

ついったーまとめ(10~11月)

chizuru-t.hatenablog.com

こういうシリーズです。

 

BESTにキャッチコピーをつけたら…?

こうなる。BESTのバランスの良さな…。
ちなみに一番好きなコンビはやぶいのとやぶたかです。一番上だけどゆるすぎるんだけど、やっぱり決めるとこは決めるんだよなって感じの2組。やぶひか?殿堂入りです。

 

カモナの功罪

Hey!Say!カワイイJUMPちゃんの代名詞になったカモナですが、ソロで歌わせると意味変わってこない?って話。
特にゅぅゃに歌わせると夜のお誘いっぽく聞こえる可能性ない?
だって家に来なよ!て…ねえ?
彼が好きなの?本当は誰が好きなの?て聞かれるって…ねえ?
ゅぅゃでそうなるってことは、薮ちゃんでもいのーちゃんでもそうなるってことじゃない?

君の気持ちを確かめるよ、って口頭で確かめるって意味でいいですよね?
ていうか全員そうなるんじゃない…?
ましてや先輩がカバーするなんてことになったら…ねえ、ねえ!(落ち着こう)

ちなみにそんなブログを書く予定でしたが一行も書いてないのでここで供養する

 

薮様になりたい

私は担当と名乗れるほどのキャリアも金も積んでないので、箱推し(一番好きなのは薮様)としてひっそりジャニオタをやってるのですが、JUMPかわいいの目線が恐れ多くも薮様に似てるんじゃないかと気づいたツイート。
基本的に全員かわいいと思ってるからの箱推し。
かわいいにも種類があり、愛で方にも種類があるということを薮様を見て学ぶ。
私も基本、いのーちゃんのことはいのーちゃんだと思ってる

 

JUMPを布教するために

素養のある人(=オタク)になら、JUMPをプレゼンしてメンバーを覚えるとこまでできる自信がある。
その、根拠がこれ。
ポイントは素養のある人、ってとこです。

 

「生まれてきたのはウソじゃない!岡本圭人です」

友人に圭人と同じ誕生日の子がいて、その子にプレゼンする途中思いついた。
圭人のあの自己紹介、すげーセンスいいよね!
私のはまったくない!

 

伊野尾慧の好きなところ

 まじ魔性の男だよな、伊野尾慧……。

 

JUMPartyを見て思わず…

「刀剣乱舞」というゲームの話。
刀の付喪神だから見た目は美青年でも、1000年以上昔に作られた刀は自称・他称がじじいなわけです。やぶいのに漂うそういう感じを、我慢しきれず表現したツイート。

JUMPがゲームだったとして、最初のパートナーには絶対来てくれない、それがやぶいの。だがそれがいい
待っても待っても、なんなら課金してもきてくれない、それがやぶいの。だがそれがいい
最初に来てくれて面倒みてくれながら他のメンバー集めてくれそうなのはやまありひかである。

そういうJUMPのRPG出そう。JUMPartyでTRPGやろう。お待ちしてます。

 

JUMPartyをみた感想

JUMPサーの姫、て思いついたとき自分で自分を天才じゃない?と思ったけどツイッターで他にも見かけたから別に私が発明した言葉じゃなさげ。

ちなみにカウコン行ったらJUMPサーの姫とかいうネタ的な表現じゃなく知念ちゃんはかわいくてかわいくてしょうがなかった

 

チームわけ

よく見るこのチームわけ、上二つはともかくやぶいのちねはいつもただ好きにやってるだけなので、テレビやDVDで見るとどうやってオチをつける気なのかいつもハラハラする。(案の定オチはつかない)
このあたりにJUMPがたまにTVでぐだついて、ファンさえ戸惑うアレの要因が見えるので2016年話し合って行こ!

 

浮気しないわけではない

黄金期の在宅オタにとって、福ちゃんたっつみーは無条件で好感度が下駄履いた状態でスタートしてるんですよ。五関君塚ちゃんしかり。
その中でも福ちゃんが私好みに育ってて鼻血がでそう
いつか、いつか生でお目にかかりたい。いま手を出したら破産するからやらないけど。

ジャニーズ楽曲大賞2015に投票してみる

ジャニーズ楽曲大賞さんの投票がはじまっています。

ハロプロ楽曲大賞に引き続き投票してまいりました。

chizuru-t.hatenablog.com

2015年は基本的にHey!Say!JUMP充しかしてなかったので、JUMPの曲のみから選ばせていただきました。

 

それではまずは今年のノミネート曲から。

 

殺せんせーションズ(2015年03月18日)

  • 殺せんせーションズ(せんせーションズ)

Chau#/我 I Need You(2015年04月29日)

  • Chau♯
  • 我 I Need You
  • スルー(Hey! Say! BEST)
  • KAZEKAORU(Hey! Say! 7)

JUMPing CAR(2015年07月31日)

  • JUMPing CAR
  • Walk
  • SHen SHera SHen
  • キラキラ光れ
  • 愛よ、僕を導いてゆけ
  • Fever
  • Boys Don’t Stop
  • Dangerous
  • ヨワムシ★シューター
  • Farewell
  • Very Very Happy
  • 殺せんせーションズ (Hey! Say! JUMP ver.)
  • UNION(有岡大貴・八乙女光・薮 宏太)
  • ペットショップラブモーション(知念侑李・中島裕翔・髙木雄也・伊野尾慧)
  • Viva!9’s SOUL
  • 3月14日~時計(山田涼介・岡本圭人
  • Puppy Boo
  • DISCO JOCKEY!!

キミアトラクション(2015年10月21日)

  • キミアトラクション
  • Shall We?
  • NEW AGE
  • Ignition
  • ChikuTaku
  • 秋、晴れ。僕に風が吹いた。
 

シングル3枚とアルバム一枚で29曲。多いな!票がばらけそうな予感です。
ちなみに去年もシングル2枚とアルバム1枚で28曲、おととしはシングル2枚で10曲でした。
そういう意味で言うと、去年すごいいっぱい曲出したのに、結果的に「ウィークエンダー」に集約したのって、曲の力がすごかったってことなんでしょうか。
では私の投票結果です。

楽曲部門

1位:
我 I Need You

山ちゃんに「その唇奪っちゃっていいですかー?」と聞かれて、「いいですよー!」と答えられる幸せを、何度でもかみ締めたい。


2位:
UNION(有岡大貴・八乙女光・薮 宏太)

大ちゃん・ひかにゃんという2大ラッパーにJUMP歌声の柱・薮ちゃんが組んではずれが出るわけがない!それぞれ作詞を持ち合い、DJ、ベース、歌とそれぞれの持ち味を存分にいかしてできた奇跡の1曲。UNION=結合というテーマで3人とも描いたものが、「音楽」や「仲間」などHey!Say!JUMPのことだった奇跡に乾杯。


3位:
キミアトラクション

JUMPカワイイ路線の到達点にして、複雑怪奇なフォーメーションをあっさりやりとげるダンス能力の披露、そして知念・有岡・伊野尾をセンターに配するチャレンジ精神・・・など、JUMPにとって変化の年・飛躍の年であった2015年を象徴するような1曲。


4位:
ペットショップラブモーション(知念侑李・中島裕翔・髙木雄也・伊野尾慧)

何も言わず、ただこの曲を聴いてくれ。天使ってこの世におったんや。Hey!Say!JUMPの中におったんや。


5位:
KAZEKAORU(Hey! Say! 7)

注目すべきは岡本圭人の堂々たる歌声。デビューから8年、いつも後ろでたたずんでいた彼が、スターだらけのHey! Say! 7の中で、誰にも引けをとることなく歌える、ここまでの歴史に涙が止まらない。2016年、勝負の年だぞオカモトケイト!その前哨戦たる1曲。


MV部門

キラキラ光れ

Hey!Say!JUMPがただドライブして鬼ごっこしたりだるまさんが転んだりしてる、それだけのことがどうしてこんなにいとしくてしょうがないのだろう。JUMPのよさが余すところなくでている佳作。


現場部門

Hey!Say!JUMP COUNTDOWN LIVE 2015-2016 JUMPing CARnival COUNT Down

JUMPと年を越せたことにありがとうサンキューフォー世界中へとハグ。


以上です!
ちなみにJUMPのどの曲が高順位をとりそうか予想した、「ジャニーズ楽曲大賞2015を予想してみる(Hey!Say!JUMP編)」という記事を、投票締め切りの後にあげる予定です。(今あげると組織票を促すことになるのでは……とチキった)

投票は、こちらまで。

ジャニーズ楽曲大賞2015


締め切りは1月13日1:00までです。
まだ投票していない方はご参考までに、ぜひ参加してみてください。

第14回ハロプロ楽曲大賞

そういや去年は投票するの忘れてたので、何気に初めての投票になります。
というわけで今年の投票内容をまとめておきますねー!

楽曲部門

1位
ドスコイ!ケンキョにダイタン/こぶしファクトリー


こぶしファクトリー『ドスコイ!ケンキョにダイタン』(Magnolia Factory [Dosukoi! Humble but Bold]) (Promotion Edit)

気が付くとずっとリピートしてるこの1曲!社会人にこそ聞いてほしい
トンチキハロプロソングかと思いきや意外といいこと歌ってる。
あとこんなトンチキソングなのにつんくワークスじゃないので、つんくイズムってこうやって残っていくんだなという感動。


2位
出過ぎた杭は打たれない/アンジュルム


アンジュルム『出すぎた杭は打たれない』(ANGERME[TheNailThatSticksOutTooMuchDoesNotGetHammeredDown])(Promotion Edit)

スマイレージ終盤から漂っていた反骨精神が、「大器晩成」の爆発を経て、こんなにかっこよくしあがってきた!
これはとにかく2期が頼もしくてかっこよくて色っぽくて楽しそう!

 

3位
GIRLS BE AMBITIOUS/Juice=Juice

youtu.be

たぶんメンバーへの宛書で、結構スレたことを歌ってるのにかわいい。
これを意味深に確信的に歌えるのって鳥肌もの!
歌いこめば歌いこむほど、メンバーに「ころころされたい!」てなる良曲。

 

4位
花/吉川友


吉川友『花』(You Kikkawa[Flower]) MV

きっか渾身のチャレンジ作!既定の枠には収まらない怪作品だけどきっかにはこれくらいスケールの大きいことにチャレンジしてほしかった、って気づいた。

 

5位
あなたなしでは生きてゆけない(04-13-15 完熟Completion ver)


あなたなしでは生きてゆけない 2005-2015 [OPV]

どうしてもベリに一曲入れたかった!
完成度の高いデビュー作に年齢が追い付いてきて、しかも音楽への愛の歌をラストアルバムに入れるとか泣くしかない

 

MV部門


1位
念には念(念入りVer)/こぶしファクトリー


こぶしファクトリー『念には念(念入りVer.)』(Magnolia Factory [Be Double Sure (with ”NEN” Ver.)]) (Promotion Edit)

デビュー作なのにあんまり新人ぽくない、カメラへのアピールがばりばりなこぶしちゃんの可能性にかけて。

 

2位
青春小僧が泣いている(Another Ver)/モーニング娘。15


モーニング娘。'15『青春小僧が泣いている』(Morning Musume。'15[An Adolescent Boy is Crying]) (Another Ver.)

今までのハロプロMVでは見ることのできなかったいろんな可能性が見れた気がして。願わくばこういうMVがもっと増えますように!

 

3位
出過ぎた杭は打たれない/アンジュルム


アンジュルム『出すぎた杭は打たれない』(ANGERME[TheNailThatSticksOutTooMuchDoesNotGetHammeredDown])(Promotion Edit)

グループの特性と、曲の雰囲気と、MVの場所がとにかくマッチしてた。
あと、とにかく2期が楽しそう! 


推しメン部門

こぶしファクトリー/広瀬彩海

最年長じゃないのにリーダーで、歌がうまいから歌割も多くて、トレイ二―だけど研修生としては若い、苦労人の匂いしかしないんだけど、こういう子が磨かれていく様は多くの女子の憧れになるはず!
「推し」「担当」とは「誰の視点からグループという物語を見るか」ということだと思っているのですが、こぶしはあやぱんから見ていくことにしました。

 

総括

こぶしファクトリーばっかりなのは意図的。デビューイヤーは一回しかないので景気付け的な意味合いが強いです。まだまだ粗はあるんだけど、くじけず前を向いて、それこそ謙虚に大胆に頑張ってくれたら。課題が多いということは伸びしろがあるということだから。

 

推しメン部門も同じ意味合いで。あやぱんかわいいよあやぱん。
フクちゃんは変わらず大好きだけど、フクちゃんは今、モーニング娘。15のメンバーなだけではなくて、娘。のリーダーという属性も背負ってるじゃないですか。そこ込のフクちゃんじゃないですか。フクちゃんなりのリーダー論が見えてきたら、調子よく「フクちゃんフクちゃん!」と持ち上げにかかると思います。

 

アンジュルムは記事をあげてる通り、とにかくこの曲が好きなので。

chizuru-t.hatenablog.com

 

Juice=Juiceは積み重ねてきたキャリアが花開きだした、という感じがあるんだけど、大爆発は来年に持ち越しかなあ。良曲は多かったけど、票はばらけるんだろうな。シングルだと「Ça va ? Ça va ?」が好きなんだけど、「Wonderful World」の方を評価する人が多かった気がするなあ、とか。

 

あときっかに関しては、去年の「いいじゃん」が好きで、今年唐突に「こんな私でよかったら」にハマっちゃったので。いまさら「こんな私でよかったら」には投票できないので、この曲で。長いけど、全然飽きずに聴けるのですごい。きっかには常識にとらわれずにいろいろやってみてほしい。

 

モーニング娘。15に関しては、今は模索期なんだと思うので、長い目で見守りたい
言葉は悪いんだけど、娘。って、いつも「これだ!」という解答を見つけたら賞味期限が切れるまでそれを提供し続け、誰かの卒業で瓦解しては模索する…というのを繰り返してるので、またすぐ「これだ!」が来るのは分かってるんだけど、いつももどかしい。2013年にハマれたのってすごーくタイミングが良かったんだなあ。
あと、しいて言うならハーモニーを頑張ってくれ。

岡本圭人の美声を楽しむソロパート10選

Hey!Say!JUMPにおいて、残念ながら現時点でメンバー中一番歌割の少ないけーとことオカモトケイトこと岡本圭人
彼の芸歴を考えればしょうがない気もするが、もうデビュー丸8年。8年ですよ!
首も座ってなかった頃から考えたら、歌えるようになり踊れるようになりバック転もできるようになったんですよ!歌割ください!
かわいい路線を突き進むJUMPにおいて、彼の声質は貴重にして重要な戦力です。メンバー一低くてドライな声質はもっと活かされるべき!歌割ください!
ということで、けーとの美声を楽しむソロパート10選です。

 

ホントはもっといっぱいあるのは分かってるんですけど、音源化されてるものの中で私が手に入れられたものだけです…。いつか手に入れられたら更新したい。


candle 

「smart」(2014)

閉じた瞳の奥には

最初に「けーと歌えるんじゃん!」と気づいた曲。
まっすぐで力強い歌唱が、元カノの結婚を祝う男の未練を、一途さに消化してくれてる。

 

パステル

「smart」(2014)


そんな隙間を君が埋めてくれたから

「心にポツンと空いた穴」を、埋めてくれた相手に対する感謝がにじみ出るこのパート。
けーとのいい人具合が、ものすっごにじみ出てる。

 

ガンバレッツゴー!

「JUMP NO.1」(2010)

流れる汗は裏切らない

歌割のないけーともさすがに7曲にはあった。あったよ…!
がんばれって言葉は、頑張ってる人からもらうと嬉しい。つまりけーとから言われるの、超嬉しい。*1
時がたてばたつほど、けーとの流した汗は積み重なっていくはずなので、30代のガンバレッツゴーに早くも期待しちゃうね!

 

JUMPing CAR

「JUMPing C4R」(2015)


Let's get on! Pump it up! 今日は無礼講でLet's go!

けーとと言えば英語!ということでこういう歌詞を割り当ててくれてありがとう!
「Forever」ではまだおっかなびっくりな感じが残ってたのに、こちらは遊び心さえ感じる一品。
いつもは無礼講できなさそうなけーとが、英語になるとイケイケになる不思議。 

 

ウィークエンダー

ウィークエンダー」(2014)
「JUMPing C4R」(2015)


引いてみて
離さない それがオンリールール

「押してダメなら引いてみろ」という言葉がありますが、お前あんまり押したことないだろ!常に引いてるだろ!て気持ちにさせられる1番。
そして、離さないって歌いながら、自分のパートが終わったらソッコーいのーちゃんの手を離す@smartコンな2番…。
蛇足ですが、私がJUMPでけーとを認知した瞬間は、少年倶楽部プレミアムでこの曲を披露した時、知念さまにぶつかってやべって顔をした瞬間です。そんな思い出のウィークエンダー

 

Dash!

「JUMP NO.1」(2010)


進んで行くのもストップも (どっちだって自由さ)

ご存知ゆーとりん作詞のバンド曲。
初期の曲なのに!けーとのソロがあるんだよ!
「僕の中のぼくに聞いたどうしたいの?」って自問自答するゆーとりんから、指針を指し示すパートがけーとに繋がっていく、この流れがたまらん。出来れば進んで行ってほしいけど、君には自由があるんだよ。


Oh!アイドル

「smart」(2014)


トキメキの中へ
こっち来てよ
君のために

この曲といえばいのーちゃん考案の「アリー!」「イーノ!」「オカモトケイト」ですが、この曲のけーとの存在感って実は偉大で。いのありだけだとほんとにアイドルパロディになってしまうんだけど(つまり、JUMPのいのありがふざけて歌ってるだけ、という)、そこに武骨で真面目なけーとを放り込むと、とたんに「売出し中のアイドル・愛追隊」になるんだよ。リアリティだよ!じつはこれこそが、このシャッフルユニット成功の肝なんだと勝手に思っている。

 

愛よ、僕を導いてゆけ

「JUMPing CAR」(2015)


愛されたいわけじゃない

愛されろよおおおお!
いい加減愛されてることに気づけよおおおお!
けーとマジ昼休みに屋上な!!!!
けーとはものすっご一途な気がするので、この曲が意外と似合う。
けーとにヒロインに片思いする書生さんの役ください!
ていうか重厚な曲に負けない男っぽい声質してるんだよ。たかけとでごりごりの、いのーちゃんが苦しむような恰好いい曲も歌わせたって下さい!*2

 

明日へのYELL

「明日へのYELL」(2014)
「JUMPing C4R」(2015)


何かあると信じてきた日々

こちらもご存じゆーとりんセンター返り咲き曲で、ゆーとりんの歴史の重みとか変化に心打たれる曲だから、けーとの存在感はそんなあるわけじゃないんだけど。
「前のめりに走り続けて転んでも立ち上がって」きたけーとが「その先に」あるものについて歌うと重みがある気がするのは私だけ…?
その先の何かがつかめるのは、きっともうすぐだと思う2015年の年末。

 

KAZEKAORU

「CHAU#」(2015)


今度君に会う時は今日よりも胸を張って
僕らがくれた想いを抱いて
手を繋いで目を凝らせば未来を感じられた
あの瞬間を空へ送ろう
僕らがくれた想いを抱いて

これすごい!
最近の曲でけーとが一番歌割もらったやつだと思うけど、他の3人にひけをとらない、むしろけーとが牽引してるって言っても良いくらい*3雰囲気にあう。
けーとに似合う曲はこれだったのか!という発見。LIVEで見たい。その際は弾き語りではなくダンスで頼みたい。

 

 

ホントはもっとあるの!Reloadの「君の目線奪うために」*4とか、はじまりのメロディの「君と二人で 新しい日々を編んでゆきたい」*5とか!桜、咲いたよの「えっと…えっと…「心配しないで」」*6とか!
コメントが被りそうな奴は泣く泣く除きました。
けーとの歌声がもっと聞けますように。という気持ちでまとめた記事ですが、でも、きっと大丈夫!
初期アルバムでは「けーとの参加するユニゾンを探す遊び」をしていたのに*7、「smart」では2番だとしてもきちんと声が届くもの!我 I Need Youなんかけっこう最初の方にいたりとか、Shall We?にいたっては歌いだしだよ!


今後のけーとの活躍を祈念して!
わたしはけーとの、超かっこいいところがもっともっとみたいんだ!

番外編

3月14日〜時計

「JUMPing CAR」(2015)
2人きりのユニットでけーとの声が堪能できるぞ!とけーと担が期待を膨らませていたが、箱を開けて見たらギター&ハモりのみだったので、多分けーとファンみんなが必死に自分をなだめていたのではないかという曲。
しかしけーとのハモりを思う存分堪能するにはぴったりな曲。やっぱ歌手だね!

2016年3月28日追記

この記事を書いた後、カウントダウンコンサートに参加した。ら、見事に印象がひっくり返ったので、その時の感想をこちらにも書いておく。
発表時の「あれ…圭人…?圭人の声……えっ?」と物議をかもしたやまけとデュエットソング。

個人的な話で恐縮だが、長らく聞くことができなかったのを、カウコンのパフォーマンスで見解を改めた。半年かけて育ててきたのは曲だけではなくて2人の関係性もだったのかもしれない。
圭人のソロはないかもしれないけど、決して山ちゃんの引き立て役ではなくて、ちゃんと対等で、むしろ力強く支え、何倍にも良さを引き上げる圭人の格好良さといったら!
カウコンの記憶が生々しい今、ポイントを与えたくなってしまうこと間違いない。カウコンのもDVDに収録してくれ、お願いだ。

ジャニーズ楽曲大賞2015を予想してみる(Hey!Say!JUMP編) - 娘。はじめました

より


Hero

「JUMP WORLD」(2011)
けーとの作詞曲。
おいぃ!自分作詞なのにソロないのかよおお!作詞曲、みんなソロ多目だろうがよー!と初めて聴いた時に叫んじゃった曲。

しかしいい曲なんだよ!シンプルで、韻を踏んでて明るくて。
朝の目覚めに聞きたい一曲。
ほんと、けーとの作詞曲をけーとのソロ弾き語りで聞くのが夢です。
お前が!Heroだからな!

*1:もちろんほかのメンバーが、がんばっていないわけではない

*2:いのーちゃんは2015年大分優遇されてたので、たまにはよかろう

*3:って言うとやまちゃんに怒られそう……やまちゃんけーとにツンツンツンデレだからな。

*4:リア恋枠っぽくてよかった!

*5:けーとが詩的な日本語歌ってるだけでグッとくる

*6:いじらしさ、けなげさを歌わせたらJUMPナンバーワン

*7:結構難しいのでみなさんやってみてほしい