読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘。はじめました

ハロプロ・JUMP中心に思うことあれこれ。

ありがとうの言葉しかない、罪深い人、ジャニーズ楽曲大賞(2016年1月twiterまとめ)

Hey!Say!JUMP twitterまとめ

chizuru-t.hatenablog.com

伊野尾慧の序列

JUMPの表記順って年齢別とかアルファベット順*1でもなく、ただなぜか納得してしまう山田始まり薮終わりなんですよね。やぶひかエンドはわかる気がしますが、そのすぐ手前がいのーちゃん、てすごくないすか。

ラスボスの一歩手前にいるいのーちゃん…!
やぶひかを守るいのーちゃん…!

実は一番おいしいポジションにいる男かもしれない。

 

フィギュアスケートが上手そうなJUMP

友人たちがスケオタなので、この時期はいつもスケートの実況でTLが埋まります。

とにかくスケートやってるJUMPが見たい。一押しはゆとゆりペアスケート(やたらプロい)、次にやまありのスピードスケート(ただの男子高校生)、そして「やだー、すべれない〜」なギャル髙木(いたジャン一押し)。

 

露出度が少ない方がエロい場合もある

 ストイックな雰囲気がある子達はハイネック、ムキムキな子は第2ボタンくらいまで開けさせたい。どっちも似合う子達は、自己プロデュースが上手いんだろうなあ。

薮ちゃんを胸元を開けたいにカウントしてるのは、あの人の鎖骨がきれいだからです。ハイネックも似合うけど、とにかく鎖骨。(骨フェチ)

 

smartコン鬼リピなう

JUMP見てると無限に見たいユニットが浮かんでくる…。
そんでそういう妄想を叶えてくれるのが薮ちゃんで、超えてくるのがいのーちゃんだって夢見てる…。

まだJUMPingCARが手元に届く前だったのですが、smastコンってライブDVDとしてよくできてると思うんですよ。
新参の意見ですけど、だからこそ新参を囲うには持って来いだって一言言っておきたい。

 

ありがとう、菅田将暉…!

やまゆとの菅田将暉の取り合い見てると、三次元が二次元を追い越してるなっていつも思うの。

 

ありがとう、平成タイムジャンパー…!

平成タイムジャンパーさんには感謝しかなかった。

薮ちゃんが出ずっぱりの企画を用意してくれたことも、それがゲームという薮ちゃんにぴったりかつ同世代にすごいヒットするコンテンツ*2だったことも、地味に違いない企画をそれでも面白くしようとしてくれたことも。

とにかく薮宏太の可能性を垣間見せてくれてありがとうでした!

幼い頃スーパーエリートJrだったからなのか、それとも全然関係ないのかわかりませんが、薮ちゃんは当時の遊びを網羅してる気がするんだ…!

とりあえず週刊ファミ通の連載から始めて同世代あるあるネタでひそかにカリスマ化、アメトーーク!に出るところまでは考えてみた。(先走りすぎた)大体よゐこの有野さんだった。

樹木希林さんというのはつまり、他に代えがたい存在ということですね。大好き。

 

ありがとう、神木隆之介…!

やっぱり「探偵学園Q」という作品は偉大だったと思うんですよ。 神木くんの連ドラ初主演作であり、山ちゃんのデビュー作であり、志田未来ちゃんの飛躍作。山田金田一の布石とも言える絶妙なアレンジの漫画実写化。毎週見てた。

とくに神木くんと山ちゃんの関係性の変化な。漫画よりだいぶ少女漫画だったけど、自分の好きな正反対系シンメで当てはめるとたまらんですよ。

そんな二人が!いやさ神木くんとトリオが!実際に同級生だったミラクルに頭を抱えてしまう!

いいんだ、神木くんの語る高校時代のエピソード、同じ空間にトリオがいたんだなあって考えるだけで楽しかった(変態) 

 

推し歴公開。

ショタが好きなんだろうなあ…。(罪深い)

 

正確な推し歴公開。

ちなみに断絶と断絶の間の生田氏は「花ざかりの君たちへ」です。

断絶の前の生田氏は、同輩が次々デビューして私が見守らねば!となった、新感線以前の生田氏です。
そしていったん離れた後すくい上げてきたのも生田氏だから、生田氏には感謝しかないし、同時にほんっと罪深い存在でもある。

ちなみにちなみに最初の生田氏は天才てれびくんあぐり中居正広のボクらはみんな生きているです。

生田氏はすごかったんだよ!

 

伝説のFour Tops様

念のため書いておきますが、Four Topsとは生田斗真山下智久風間俊介・長谷川純で結成されたJrグループのことです。

旧B.I.G*3。大好き。

あの頃の職人的Four Topsがすごい好き。

同窓会的に集まって歌って欲しいなあ。生田氏もハセジュンもカザポンも歌うまいんだよー!ダンスもうまいんだよー!

お願いします、少年倶楽部プレミアム様かジャニーズカウントダウンコンサート様!

 

ジャニーズ楽曲大賞お疲れ様でした

こういう遊びをしてました。

とにかく我Iとキミアトに分散されたのもったいなかったという印象。しかし両方良曲だったんだよー。

予想記事を見てもらったらわかるんですが、まったく想定に入れてなかったのが、「愛よ、僕を導いてゆけ」「Chiku Taku」だったんですよ。

「Chiku Taku」は発表から間もないからそこまでじゃないかなと思ってたせいで、「愛僕」に関してはアルバム曲の中では上位にくるとは思ってたけど完全に侮ってました。まさかの全体で10位…!

思うにJUMPのみならずジャニオタは歌謡曲が好きなのではと。そしてJUMPと歌謡曲は相性が良いのだと。

そんな記事を書きたかった。(ここで供養)

あとおまけのコンビ部門

 

付き合いの長さや揃い具合やエモさとかそういうことじゃない、ファンの欲目を抜いたセット扱いてなんなんだろうね…。

ファンどころかメンバーの中でも「あそこだけ特別だから…」て扱いをされてるやぶひか。それを汲んでファンが別格扱いしてるのか、ファンが別格扱いしてるからメンバーも察してるのか。

もはや鶏が先か卵が先か、不思議なコンビ・やぶひか。

 

お誕生日おめでとうございました。

無事、ブログ書けました。

26歳おめでとうございます。

 

*1:嵐先輩がこれ

*2:先月リトラでミニ四駆にテンション上がってたのが何を隠そう薮ちゃん

*3:B.I.Gには他にも田中聖・五関晃一・福田悠太とかいた。ちびっこJrの宝庫