読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘。はじめました

ハロプロ・JUMP中心に思うことあれこれ。

ついに認知!、JUMPの二次元力、お願いしますTVさん(2016年3月twitterまとめ)

Hey!Say!JUMP twitterまとめ

chizuru-t.hatenablog.com

 

ついに…。

ついに!あゆがいのーちゃんを認知した…!*1

2015年1月に私がJUMP沼に落ちたとき、それまでに面識があった人は当然ながらJUMPのことを知らない人が大半でした。
それでも折につけJUMPのプレゼンを続けていたところ、ついにまた一人、認知してくれたのでした。
いのーちゃんのめざましキャスター就任ニュースでした。
さすが伊野尾革命……!
以下私がつぶやいた伊野尾宣伝ツイートです。

 

あれがV6岡田先輩が「伊野尾がかわいい腹が立つ」と24時間テレビ内で言い放ったHey!Say!JUMPのテキトー男伊野尾慧です。

あの顔と、女の子っぽい高い声で、中身はすごく普通の理系男子学生なのでファンが多い。髪の毛はきれいなきのこのときと無造作なきのこのときがあるよ!

 

きのこ押しなのは、件の彼女がきのこヘアなキャラが好きだから。

 

伊野尾慧テキトー伝説

個人的伊野尾慧さんのテーマソングは「SURFACE - それじゃあバイバイ」です。
同世代は納得してください。

 

他のジャニーズも、もれなく

一人気になる子ができると他にもオススメしたくなるよね…

ちな私の好き枠は「芸歴が長く実力があるんだけど認知にはまだ遠く、しかし泰然自若と構えてる」

ええ、薮ちゃん五関くんですね。

 

ドン引かれてる気もする

だいぶひどい仕打ちをした。

頻繁に呟いてる。愛情の押し売り感がすごい。

 

眠れない夜に…

こちらでも言及しましたが、目覚めないときは、JUMPを流したら一気に目がさめるよ!
オススメは「Ready Go!」です。

 

オタクに捧げるジャニーズの2次元力

元々私のTwitterは2次元アカウントなのでフォロワさんにもそちらの人が多いんすが、まさか3次元で何の違和感なく2次元ワールドやれるひとがいると思わないじゃない…?
擬人化とか学パロとか家族パロとかいろんな性癖がある中に動物化って確かにありますが、あくまでも漫画表現、小説表現であって。
猫耳つけて魚持ってお尻ふって、ペット目線で飼い主への(まるで彼女のような)愛を囁くのを、自分の目で見られるとは思わなかった…!

 

論文を読み続けるだけのお仕事をしたい

映像から感じたこと、歌から考えたこと。
みんなすこしずつ違うので、一億総SNS社会は読んでも読んでも終わりがなく、ほんともうそういう仕事をしたい時がある。
読みたくて読めないものがいっぱいだ!

 

発表会やりたい。

自分の好きなグループ、好きな作品、好きな人をパワポでプレゼンする大会を大ホール貸し切って3日間くらいかけてやりたいんですけど。
みんなの発表タイトルだけで充分オカズになります。

私がやるなら?

「KAZEKAORUにおける岡本圭人の存在感」とか
「髙木雄也のダンスの優劣〜Jr時代とフォーメーションダンス〜」とか
「RELOADの特異性ー“らしさ“と説得力の違い」ですかね。

気になる人は僕と握手!

 

いつかお願いしますバラエティ番組さん

いや、特番の時の手越VS山田を見てると、JUMPによる道場破りはかすかな希望がある気が……
するけどやまちゃんだから感じる希望かな……
いや、大ちゃんもいけるはず……
とにかく先輩ぶるやぶいのが見たい


Four Tops・NEWS・KAT-TUN先輩あたりは出てくれるかしら…。
JUMPの知名度ががつっと上がってる今だからからこそあえて、JUMP必修初級編でいまさら話題にならない「やぶひか昔はすごかった」をやるべきじゃないかな。
そしてきっと子どもたちが「今もすごいから!!!」ってめっちゃフォローしてくれるはず。
結果的に仲良しJUMPもアピれていいと思うんだけどどうかな。
…単に私が「さすが薮様!さすがひかにゃん!」って言いたいだけなんだけど。


足りない足りない、まだ足りない!こんなんで大丈夫?

基本的に仕事しかしてないんですが、帰り道なんかに時にふとそう思う。
基本は在宅オタなのでコンサートに行きたい、とかではなく、ずーっと音源を聴き続けたいので、CDで歌割ください。

 

薮ちゃんが幸せだと私も幸せ

おめでとう!楽しそうで何よりでした!

 

忙しさの基準

思えばこの辺から忙しくなったのだった…。
はてなどころかtwitterもつぶやかないのはド修羅場だったからです。

 

せんせーしょんズ×ワールドトリガー

せんせージョンズになっておるぞ。

せんせーションズずになっておるぞ。
誤字は置いておいて、この「ワールドトリガー」という漫画はすごくお勧めです。
ジャンプで連載してるので良ければ。

ワートリを経由してから見ると、非常にあぶなっかしいチームだということが分かります。
いや、暗殺者だからしょうがない……しょうがないか?

設定は守る派。

 

今月のハロプロ 

 

それでこういう記事を書きました。

いいアクションすると思いますよ、あの子。 

マジで終わらない。

*1:鍵つきアカウントへのコメントなので引用です