読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘。はじめました

ハロプロ・JUMP中心に思うことあれこれ。

アイドルの楽曲には「こうきたか!」が必要

ハロー!プロジェクト

「初恋サンライズ」、聞きました?

つばきファクトリーのメジャーデビュー曲です。

もうすっごいので、とにかくまずは聞いてみてください。

ハロ好き、アイドル好き、あとなんならアニメ好きにもオススメしたい。理由もある。

 

つばきファクトリーはインディーズで3枚のシングルと1枚のミニアルバムを出していて、そのあとメンバーを3人増員して、この楽曲でメジャーデビューとなったグループです。

このシングルでもうインディーズまでと明らかに変わった!という側面を見せてきたのですが、それって3人の新メンバーのおかげでもあり、そうでなくもあり。

ただ一つ言えることは、
「これはすごい!」というのは、もうライブの最初の段階で分かっちゃうということです。

 

初恋サンライズ

www.youtube.com

サンラアアアーイズ!という、高温エフェクトのインパク

第一声のインパクトって、こんなにわかりやすいんだと…。

とにかく耳に残るし、思わず声マネして遊びたくなる。

みんなあんまり好きでないエフェクト加工かと思いますが、これはここまで高音にしたからこその面白さ

 

「君の愛に触れたい!」というおのみず*1

ズッキファンはおのみずちゃんに流れるんじゃないかなーっていう、力強さと衒いのなさと、あと上目使い!

こんな力強いセクシーさは、ズッキ引退後の今表現できるのはおのみずちゃんだけなんじゃなかろうか。ここ穴場だったぞー!という発見。

ダンスに心地よい余韻があるのも魅力。

 

りさまる*2の台詞の精度

アニメファンに伝えたいのが、りさまるのこの台詞。

完璧じゃないです?二次元ヒロインじゃないです?

近年台詞有ハロプロ楽曲の中でも一、二を争う完成度の高さだということです。セリフで鳥肌立ったの初めて。

りさまるは自身もアニオタだということがあるかもしれませんけど、ほんと、彼女は三次元に舞い降りた二次元系薄幸美少女だからな。

華奢な体、白い肌、透明感のある歌声、時々はっちゃけるけどツンデレでとにかく表情作りが不器用!

強く言い切るのに儚い、というのが絶妙なバランス。

 

さおりん*3の華奢な首筋

サンラアアアーイズ!の振りでクロスした腕をそのままに左後ろを向く、その首筋の色気!
さおりんには不思議なアンバランスさがある。最初見た時はダンスおぼつかない?みたいに思って済まない!

表情や雰囲気作りにこだわりがある、目に見えてこれから工夫ののびしろが見える子だ。

 

1番だけでこれだけ見どころがあるんですけど!
しかもシングルはトリプルA面!まだあと2曲あるぞ!怖い!

 

それまでの曲とこのシングルを比べてみると、りさまるとききちゃんが目に見えていきいきした!

たぶんこの二人は負けず嫌いなんだな。

ききちゃんは1・5倍躍動感が増した、という感じですが、りさまるは精度が増したというか、よりアスリートみたいになってきました。

あときしもんに関しては、新メンバーが加入したからと言うよりは髪の毛を切って本領発揮した感じがある。

ラスサビのソロパートが上手い!ファルセットがきれい!

 

 

こっからただの考察なんですけど、やっぱりアイドルは多少「自分」があったほうがいいんじゃないかなと思いました。

もちろん、つばきが今までもらって来た曲にも、ちゃんと強い意志がありました。

どんな私になれるだろう?  ○でも□でもない 私でしかない(青春まんまんなか!)*4

とか、

つまりは結局 自分次第だろう(気高く咲き誇れ!) *5

とか、

みんなには 悪いけど  彼のこと 渡せないな(独り占め) *6

とか。

 

昨今のハロプロ楽曲は、とかく「自分」の存在が強い。

どんな風に生きていこうかとか、悩んでもがく「自分」が強くある曲で、それをつばきはあんまりうまく歌いこなせてない気がしたんですね。

でも一方で、すごくきらきらして聞けた曲があって、それが 「私がオバさんになっても」*7

この曲は「あなた」の好みとか言ったことはわかるんだけど、びっくりするほど歌い手の「私」がわからない!

そしてこの曲を歌うのに、つばき以外だとちょっと強すぎるな、と思ったんです。

 

こぶしだと「あなた」を尻に敷くし、カンガルだとあざとすぎて若干危ない交際を連想しそうだし、JJだと手のひらで転がすし、アンジュルムだと…、全然歌ってる姿想像つかないな!

 

つばきが歌うと、ちゃんと「あなた」のことを等身大で好きなんだな、というふうに聴けるというか。

つばきはそんな、今のハロプロには見られない「あなた」に全てゆだねる、そんな歌を歌っていくのかな、そんなふうに思っていました。

 

やられた。

 

清楚な外見のまま、内面に強い意志をのぞかせるようになってきました。

そうなんだよな、全てゆだねてくれる女の子もいいけど、やっぱり「自分の意志」で歩く女の子は、目の輝きが違うんだよなあ。

先輩たちとは違う、ちょっと頼りなげでふわふわしているつばきファクトリーですが、「こうきたか!」と思わせる進化を見せ始めているので、注目するなら今です。まだ間に合う。

ジャニーズ楽曲大賞2016に投票したかった

Hey!Say!JUMP 曲紹介

したかったんですよ。つまりできなかったんです。
でも曲を聞きこむ暇もまとめる暇もなく、気づけば締め切りを過ぎていたのです…。*1
あんまりにも悔しいから、せめてまとめるくらいはしようかなーという目論見。

 

ちなみにすでに発表になってますが、書くのは発表前にやりました!!!

 

今年はシングル3枚(しょんズも含めると4枚)にアルバムまで出て、とにかく聞き込むのでせいいっぱいて感じでした。
考察とか深いところまで全然行けなかったなー…
たくさん曲があるのは、ありがたいことなんですけどね!

 

選んだ曲は以下の通り。

 

楽曲部門

1位:ドリームマスター
2位:Masquerade
3位:B.A.B.Y.
4位:Fantastic Time
5位:パーリーモンスター

 

上位3曲がアルバム「DEAR.」から。
しかし、うち2曲がコンサート未披露曲という、JUMP運営の狙いと私の好みがまったく合わない結果に…なってしまった…

 

ドリームマスター

初めて聴いた時に、「なにこれ、ハロプロ…!?」て思ったくらい、パート割が細かくて、ひかありのラップで始まって、しかもコンビユニゾンで畳みかけてくるところがほんと好み過ぎて…!
コンビユニゾンについてはそれだけで記事を書きたい位に語りたいことが多いんですけれど、いのたか、ひかちね、やまゆとと、その組み合わせだけでありがとうございます、満足ですって言う感じ。
まあ、コンビユニゾン、けーとの声だけ見つからないけどな!

 

JUMPちゃんはかなりベタ甘い夢を語るのが得意だと思うんですけれど、夢を見ないと始まらないよと歌う割に結構辛辣なことを歌ってると思うんですね。
「節操のない君」とか「前だけ向いてもつまずいちゃうよ」とか「どうせその後食べて飲んで騒ぐでしょ」とか。その辛辣さ具合、割とたまらんです。スレちゃってー!と。

それでもJUMPちゃんは「夢見て始まる君のストーリー」と、夢の大切さを歌い続けるグループなんだなと思います。

ところでJUMPちゃん自身の夢って何なんですかね。いつもその夢の欠片について考えながらこの曲を聴きます。

 

この曲はほんとにシングルカットして欲しかった…!

 

 

Masquerad

この曲に関しては、山ちゃんの趣味全開って言う感じがすごいするんですけど、それに対してブラボー!と万歳せずにはいられない、そんな感じです。

私たちはこんなHey! Say! JUMPを待っていた!

思うにこの曲がぴったりマッチした理由は、仮面舞踏会=正装であるということなのではないかなと思うんです。

Hey! Say! JUMPはびっくりするほどスーツが似合うんですよ全員。もれなく全員。もっとスーツ着たほうがいいよ。このスーツが似合う感がHey! Say! JUMPが王道である所以だと思うんですよ。

ミュージックビデオに文句つけるつもりは全く、全くないんですけど、可能なら彼らの社交ダンスを見てみたかったなと言う気持ちは若干あります。見たくないですか、私は見たいです

 

この記事でも言及しましたけれど、年齢に表現が追いついてきたという感じがあって、にじませた色気が歌声の端々に感じられるのが、ほんとたまんないですね。

 

B.A.B.Y.

この曲に関しては、とにかく2番のけーとのサビパート!

「Be my Be my Be my baby!」

いくらけーとの歌割が増えたとは言っても、ワンフレーズであったり目立たないところであったりしがちなんですけど、この曲に関しては、けーとのソロパートに続いてみんなの声がどんどんと重なって行く

まるでけーとがみんなを率いて連れて行くかのような、そんな錯覚を覚えるほど素晴らしいパートをもらったと思います。

 

曲自体もオシャレでかわいい。これがシングルならどんなMVになってたか妄想するの楽しい。CMタイアップは今更でも、いつまででも、お待ちしています。

安眠できる香り系か、夜の時間を楽しむ趣味系か。

 

Fantastic Time

2016年のHey! Say! JUMPのシングルに関しては、ものすごおおく試行錯誤してる時期なんだなぁというのが正直な感想です。

2015年は徹頭徹尾、王子様というかかわいいというか、Hey! Say! JUMPと言うのはそーゆーグループなんだよと印象づけるかのようなシングルが多かったと思います。

一方で、今年に入ってからの曲は、これをシングルカットするの?と言う印象を抱かずにはいられないような、そんなシングルが多かったように思います。

いつまでも同じイメージではいられないのはわかる。「年がいってもカワイイができるグループ」と言うイメージ付けは、既にできたと思うんですけども、今後の可能性を探るために色々と試行錯誤した結果が、今年のシングルだったのかなあと思います。

 

その中で、1曲選ぶなら断然「Fantastic Time」。

まずリズムが心地よくてダンスが万華鏡のよう。

ちょいちょいダサさもあるとは思うんですけど(ちょっと古い感じがある)、私はハロプロ村の住民でもあるので、いまさらダサさについては斟酌しません。


ニゾン多めなんだけど、いろんな声がするのがよいです。

特に、サビにいのーちゃんの声が大きくて幸せ。彼の声はやっぱりJUMPにとって唯一無二の財産なので、かっこいい曲で使われると「そうそう!」てなる。

 

パーリーモンスター

これに関しては、とにかくけーとの躍進を称えずにはいられないと言う感じです。

私はこういう記事を書いた程度には、けーとの歌割のなさをネタにし嘆きがんばれーとエールを送ってきたつもりではあるんですけども、そんな中でこの曲を出してきたことをJUMP陣営に対して「よくやった!」と勝手に上から讃えたい気持ちでいっぱいです。


けーとと言うのは、非常に可能性の塊であると私は思っていて、それを生かせるかどうかは、本人の頑張りでもあり、売り出す人の作戦でもあり、そして時代の流れと言うものでもあります。

だからなかなかそれがはまる瞬間が来なかったけど、今そういった試行錯誤がやっと身になっているのをしみじみと感じる。

これがイケイケな感じの曲であると言うこともプラスポイント。

英語でバラードを歌われるよりも、正直、英語でぐいぐい押されてくる方が性癖に合ってると言うこともあるかもしれません。

あとギャップ萌え。なめてはいけない、ギャップ萌え。

 

 

いかがでしたでしょうか。本当にJUMP陣営と好みが被らなかったんだよなあ、2016年…!解釈違い!

あと意外と自分にユニット曲が響かなかったのにびっくり。

「こうきたかー!」な驚きはあったんだけど。クオリティは高かったと思うんですが。

あとあと、良曲はいっぱいあったと思うんですけど、「この曲!」という集約が無い場合、カップリング乱発するのは票割れになるよなって結果発表を見て思いました。

 

2017年は、10周年でもあるし、ゆーややけーとにもっと歌割が届くと良いな!

BEST楽曲、そろそろJJチームメインのを出してくれてもいいんですよ?*2

*1:同じ理由でハロプロ楽曲大賞もできませんでした

*2:スクランブル」とかやぶひかメインじゃないですか、そんな感じのフィーチャー曲を…!

こぶしファクトリーがいかにポテンシャル高いかについて

こぶしファクトリー

chizuru-t.hatenablog.com

chizuru-t.hatenablog.com

 

こぶしファクトリーのアルバムが出たんですけど、買ってね!!!!という記事です。
アルバム発売に先駆けて3曲披露されたんですけど、これが全部いいんですよ。

他の曲もいいんですけど、とにかくこの3曲がいいんですよ。

やっぱり、”かわいらしさ”方面じゃない曲なんだけど、その中にメンバーの可能性が見えて、この方向性でもまだまだ伸び代があるんかーい!って驚くような曲でありました。


懸命ブルース


J=J Day 2016、220公演達成!こぶしライブ、つばき発表、アンジュルムイベント、℃-uteの一般常識、演劇女子部! MC:高木紗友希・藤井梨央【ハロ!ステ#192】

 

イントロが印象的な、こぶしの「ヤンキーテイスト」*1

これはとにかく梨央のダンスだよ。

はまちゃんのスタイルを生かした魅せるダンスも、れなこの安定感あるダンスもすごくよかったけど、藤井梨央の低い重心と高いジャンプ、バネのようなキレの良さにばかり目がいくんです。

そうして過去MVの梨央ダンスを探す旅に出ざるを得ないくらいに藤井梨央無双。

人数が多いからメインはるメンバーばかりに目が行くけど、この一年みんな頑張ってるんだよー!ということを感じられる1曲。

 

急がば回れ


モーニング娘。'16新曲MV!カントリー嗣永卒業発表、こぶしライブ、℃-uteイベント、℃-uteの一般常識、アンジュルムダンスレッスン! MC:嗣永桃子・広瀬彩海【ハロ!ステ#194】

 

かっこよすぎて延々リピートしてしまう。

順風満帆に見えるこぶしですけど、デビューまでの道のりを考えれば、また音楽業界、アイドル業界が置かれている現況を考えれば、決して楽な道を歩いているわけではないんですよね。

だからここで、悩みながらも急がば回れ、って歌うの、落ち着いて歩んで行けって歌うの、メンバーにも聞いているリスナーにも沁みていくメッセージだと思います。

 

ところでこれを聞きながら思い出したことがあって、多分Tシャツジーパンで歌ってるからだと思うんですけど、BEE-HIVEのライブなんです。

perfumeとかBOYSTYLEとかを生んだ、アミューズのプロジェクトなんですけど。ライブで一生懸命パフォーマンスをしてる姿が、すごくこぶしファクトリーに重なるんです。まっすぐ言葉を歌に乗せて届けてくるこの感じ。


Perfume: Time to go - BEE-HIVEライブ

 

こぶしは現行唯一つんくワークスじゃないからか、たまに他の事務所のアイドルを感じる瞬間があるのが、面白い。


辛夷の花


こぶしファクトリー『辛夷の花』(Magnolia Factory[The Kobushi Magnolia Flower]) (MV)

 

こぶしファクトリーというグループ名が成功したのって、インパクトとか「工房」を受け継いでるとか以上に、「こぶし」が拳と辛夷、両方の意味にとれるからなんじゃないかと思っています。力強さと、可憐さ。どっちもこぶしですもんね。

そんな中で「素朴さ」をうたって来たのがこの曲。よくこんな渋い歌、歌いこなすなあ!

 

これを聞いて初めて思ったのが「そっかまだこの路線は残されているのか」でした。

フォークとか演歌とかって古臭いと思う人が多いのかもしれないんですけど、逆に上の世代の人に訴えかけるものはものすごく大きいよなと思うんですね。

私は中島みゆきさんの「ファイト!」が好きなんですけど、この曲にもそのエッセンスを少し感じました。頑張ってる人に、頑張っている人の曲が届いて欲しいなと思っています。

メンバーが走るMVもたまらんものがあります。

 

あと、「深夜ファミレスにて」を思い出した。 

ソニンがなぜか一人で請け負わされてた、所帯染みた女の孤独が好きなので(あれって今で言うアラサーこじらせ女子の系譜なんだよな…)、あやぱんには「カレーライスの女」歌ってほしい。裸エプロンはしなくていいから。

 

相変わらず恋の歌やかわいい曲は来ないけど(未熟半熟トロトロくらい?)、でもそんなアイドルがいたっていいと思うんですよね。何でもかんでも恋愛ばっかり、ってかつて私が十代だったときに思ったことでもあったし。

こぶしが頑張るなら、私も頑張らなきゃ、と思わせるアルバムです。

こぶしファクトリーのアルバム「辛夷其ノ壱」は発売中です!買ってね!

辛夷其ノ壱

辛夷其ノ壱

 

 

*1:アンジュルムのヤンキーテイストは「出過ぎた杭は打たれない」で、いまのとこ他のグループにはヤンキーテイストはない

アルバム「DEAR.」から考えるHey!Say!JUMPとセクシー考

Hey!Say!JUMP

すごくいまさらのお話をするんですけどね。8月12日の横浜アリーナコンサートに参加してきました。
人様のご利益で2階アリーナ、しみじみJUMPちゃんが生きてる人間だということを確認し、その身体からあの歌声が生まれているんだなということを確認するコンサートでした。

 

参加に当たってアルバムを聞きこんで行ったんですけど、コンサート見て、また聞きこんで、ようやくアルバムも印象が固まったというか。
前作「JUMPing CAR」 がポップでメジャーな「アイドル!!!!!」色を出してきたのに対し、「そうそう、これがJUMP!」という感じがしたんですよ。 新しい曲を聴くのが、「真剣サンシャイン」ぶりだからでしょうか?

 

どちらかというと、パフォーマンスに人気や実力や年齢が追い付いてきた、「満を持して」って感じが本当かもしれない。

 

朧げながら思ったのは、アルバムのテーマのひとつは「非日常」。
そしてもう一つは「色気」なのかなーと。

 

 

非日常、というのは、Masqueradeが仮面舞踏会だし、キミアトラクションは遊園地、 Mr.Flawless の怪盗、などなど。
あと、絶対他の人とか解釈違うんだけど、Tasty Uは「さらわれてきた王宮でセクシーな王さまに愛を囁かれるもこのあとの展開が怖すぎてしかし逃げられない」て気持ちで聴いてる。 愛を囁く目が笑ってない!だがそのまま堕ちていきたい!めっちゃ石油王ハーレクインだな。
そもそも、このアルバムで強く打ち出されている恋愛というものが「非日常」じゃないですか。恋したら全部Special Loveだし、Kiss Diaryだってつけるし、SUPERMANにもなっちゃいますよ。

 

もう一個の「色気」ですが、Masquerade がそもそも全員でオトシにかかるぞー!て曲じゃないですか。
2曲めってコンセプトを伝えるために置かれるものだと思うので*1、仮面舞踏会という非日常に連れこんで、仮面で本心を隠しながら、恋する胸のドレスコードをキミだけ脱ぎ捨てさせるんでしょ?
セクシーさっていくつも歌うには引き出しがいるんですよね。その引き出しがいろいろ出てきたって分かったから、今回満を持して、このコンセプトのアルバムを出せるようになったのかな、と。

 

というわけで、Hey!Say!JUMPメンバーの表現するセクシーについてです。

 

ゅぅゃ

JUMPのセクシー担当と言えばこの人を差し置いて語れないでしょう。
色気がだだもれ!歩く18禁か〜!!みたいな(褒めてます)。常にベッドインさせられてる気持ちです。
SURPERMANの頼れる会社の先輩感、order のスパダリ感、Tasty Uの数多の女を泣かせてきた感、などなど、「セクシー」におけるキーパーソンなので、今後歌割が増えることを期待。コンサートはやまちゃんがゅぅゃのために考えたなって箇所がいくつもあったので、期待しかない。

 

大ちゃん

大ちゃんのセクシーはリアルさがいいですね。等身大の、一通り恋愛を知った男のセクシー!
ただの友達であるはずなのに(Eternalとか)、ふとこぼされた色気にどうしたらいいのってなるやつ!いつの間にか距離を詰められて、雰囲気が変わってるやつ!(orderとか)
もしくは普段は明るくセクシーとか冗談でしかやらないタイプの人が、告白の際にめっちゃ真面目に苦しそうに壁ドンしてくるやつ!(My Girl)
私は何を言っているんでしょうか。

 

圭人

色っぽいというより、健康的なセクシー担当。
特にこのアルバムのけーとは自信に満ち溢れてるから、ぐっとくるというよりは、「いいもの見せてもらった…」という感じ。スポーツ選手の胸板、二の腕、背中!みたいな。(私は何を言っているんでしょうか)
とにかくいい声をしてるので、それだけで加点スタート、て感じある。歌い方はまっすぐなので、今後テクニックも成熟してきて色気がどんどんでたら圭人はマジでやばい。
B.A.B.Yは、2番サビの圭人からみんながついていくのは見たさしかなかった。相変わらず英語無双。
そういう健康的な肉体から Tasty U みたいなパート*2がきたら……ねえ!?

 

ひかにゃん

ひかにゃんは「ダークなラッパー」「中性的な少年・きれいなおねえさん」「幼女」の3面性がある声をしていて、一番前が色気には近い。
このアルバムじゃないけど、Come back・・・?とかそうだった。
多分だけど、いじめられてるほうが色気出るタイプじゃない?
今夜貴女を口説きますとか、縛る方じゃなくて縛られてるの?ってくらいあえいでない?
一回くらいそういう背徳的な、僕をいじめて的なコンセプトでやっとかない?

 

裕翔りん

健康的なセクシー担当その2。
裕翔りんは真面目が故に苦悩するあたりにセクシーがにじみ出る人だと思う。KISS Diaryとか。
裕翔りんが真面目なので、 Mr.Flawless は健全(?)な怪盗ものになったんだと思ってる…。*3
そういう意味では真面目な王道アイドルJUMPちゃんにおける、Mr.Hey!Say!JUMPみたいなところあるよね。 裕翔りんに似合う曲が今のJUMPの平均到達点、というか。裕翔りんが大人になったからセクシーが歌えるというか。
一回悪い役の歌を歌わせたいね。それでも結局芯のところに真面目さが残るから、悪になりきれない、そういうぎりぎりラインの曲。

 

知念ちゃん

かわいいもの無双でおなじみの知念さまですが、薮ちゃんと並んで「最初から男の子」なんじゃないかな、と思う時があります。
男の子は育つ過程で「男らしさ」を学んでいくけど中には意地や見栄を張らなくても周囲が男として認めてしまうタイプの男がいる、という説が好きなんですけど、それ。
みんながかわいいかわいいするだけで、実は頼りがいのあるいざという時には決める、そういう男らしい男性なんじゃないかと。
ゆえに、Masquerade*4とかSURPERMANの頼もしさっていうのが知念ちゃんの最大の色気だな。
それってつまり、いつもセクシー全開ってことでもあるんだけど。
だって歌う時の知念ちゃんいつも頼もしいもんな。

 

いのーちゃん

歌が上手くなった気がする!歌い方に幅が出てきたというか。
男だけでなく女性っぽい色気を出せるのがいのーちゃんの特徴だけど、恐ろしいのは女性っぽいにも種類があることだよ!
Dear.は優しい彼氏なのに、Run de Boo!は完全チャラ男だし、 今夜貴女を口説きますにいたっては全部わかりきった上で意味深なこと言って来るし!
歌割が増えるってこういうことだよ!伊野尾革命まだ続いてるぞ!

 

薮ちゃん

この人は本当に使い分けがうまくて、
キラキラ王子様を Special Love*5で、恋愛に苦悩する青年をorder*6で、ドSな大人の男性を Tasty U*7で、といった感じに全方位隙がない!
セクシーさを表現する要素のひとつには「余裕」ってものが絶対にあって、音域からセリフ回しから何もかもから余裕がにじみ出てるのが原因でしょう。たまには余裕がなくなった薮ちゃんを見たいものです。

 

やまちゃん

ゆうやの蛇口は壊れてるけど、山ちゃんは巧妙に湿度を使い分けてくる。
Masqueradeなんか、仮面舞踏会なんてモチーフ、山田涼介がいなかったら提案されてないぞ!それをしかもあのクォリティで仕上げてくるのはやっぱり山ちゃんの色気あってのことなんだろうな。
山ちゃんがこの身長で良かった!あと10センチ、いや5センチ高いだけで世界が滅んでたぞ!
そしてその身長さと中身の意外な普通さってギャップが、崇め奉るしかない存在であった山田涼介様も生身の人間なんだって感じられてドキドキが止まらない。

 

 

追記
書くのを先延ばしにしすぎて次のシングルも出てその次のシングルも発売決定で、さらには年末コンサートまであってとにかく書くのを先延ばしにしてはいけないですね。
実はまだFTのMVを見れていないので、見る前に一回アルバムまとめておく!

*1:「smart」におけるやってやんぜー!なFOREVER、「JUMPing Car」におけるPOPPPP!!!な JUMPing Car など

*2:「Bitterな静寂すら君は 楽しんでいるように空を見てる」は流し目で歌ってほしい

*3:あれがいのひかやまあたりだったらただのホスト軍団になっていたと思う

*4:「奪いにきた」の余裕綽々の感じ

*5:「 I'm always waiting for you 」とか、 薮宏太に英語を歌わせたら勝てないと何度言ったら…!

*6:「本当はこんなはずじゃないんだって 戻れなくなってはまた叫ぶのに」で切なさをオシャレににじませるのホントてんさい

*7:「壊れてしまいそうな指先 マニュキアが漂わす甘い香り」のところなんか、壊す気満々すぎて

こぶしファクトリーとリオデジャネイロオリンピック

こぶしファクトリー

今年になってから仕事がばたついてて、あんまりはてなに触れてません。*1

 

相変わらずHey!Say!JUMPを追いかけてますが、録画もあんまり見れてない。アルバムは通勤中に聞き込んでます。

ほんとはめい卒もズッキ卒もライブビューイングに行きたかったんだけど、がっつり修羅場が重なるという…。

 

そんな私が、この夏横アリに行けることが夢なんじゃないかっていう。
本当に人様のご厚意によって生かされていると実感しています。ありがとうございます(ここで言うな)

 

で、全然話変わるんですけど、こぶしのシングル、よかったよね。

「バッチ来い!青春」は、ああいう風にお外で撮影するMVが、ほんとにこぶしらしくて良いですね。
みんな伸び伸び。
あやぱんの張り切り具合はやっぱ野球モチーフだからなのかな。

ちょっとだけ懸念していた「オラはにんきもの」も、しっかりこぶしのモノにしてました。
そもそもデビュー曲の「ラーメン大好き小泉さん」からしてキャラクターものだったから、こういうの、こぶしの得意分野なのかもしれない。
アレンジがかっこいいってのも「ラーメン~」との特徴ですね。

 

そして「サンバ!こぶしジャネイロ」の話です。これが一番話ししたい。

りおのドヤ顔がまぶしい、サンバ!こぶしジャネイロ!(サムネイルりおって正解でしかない)
サンバ程度じゃ照れもしない崩れもしない、こぶしの今年しか歌えないお祭りソングきた!
オリンピック応援歌だと思って聞いてたら、2番からそっと自分への応援歌になる小憎い演出!
応援ソングだらけのこぶしですが、何気にすごいのは「オリンピック出場選手」を応援してるように見せかけて、その実かなり社会人も応援してくれていること。
こぶしが勢いあるのって、「万民に向けたメッセージが歌える」こともあるんじゃないかなと思う次第。

 

それでこういうつぶやきをしました。

 

 

みなさまオリンピックは(テレビとかで)観戦のご予定ですか?
私は運よくオリンピック真っ只中に夏休みが取れたので、平和に見れるやつ見たいやつを見て過ごそうと思っております。
毎年毎年ちょうど夏休みが修羅場で、ぜんぜん見れなかったんです。
そんな私、毎回オリンピックシーズンにお供にしてるものがありまして。

 

www.1101.com

 

 

みんなでオリンピックを見守って、それをひたすら読むだけのコンテンツなんですが*2、これを読むとオリンピックだなあと思います。
試合見てないのに見た気になれる。
そのシーズンの流行りとかも押さえられたり、時にはどうでもいいことばかり気になるのは自分だけではないと思わされたり。

 

あとこのコンテンツの素晴らしいところは、基本スタンスが「にわかスポーツファン」であること。
もちろん詳しい人もいますが、大半はルールもよくわかってない、変な名前に引っかかったり、衣装のきわどいところばかり目がいったり、出身地が近いというだけでうちの子扱いしてしまうにわかスポーツファン。

勝利を願いつつも対戦相手に対しては「少しだけ気を抜いていただければ!」と祈る程度の謙虚に大胆な感じ
ルールもよくわからないなりに見守り続けた結果、選手を「うちの子」と呼びながら応援する猪突猛進な感じ、

 

そう、このコンテンツ、こぶしファクトリーと絶対的に相性がいい。(無理やり)

今年のオリンピックのお供はこぶしファクトリーと「観たぞ!リオデジャネイロオリンピック」ですという報告でした。気が向いたら、見て見てください。

 

 

ということで、

陰ながらよそながらエール送りたい!

よければ一緒に、にわかなりにオリンピック楽しみましょう!

www.youtube.com

*1:

*2:いわば、twitter普及前からやってるtwitterまとめみたいなもんなんですが、ちゃんと編集してくれる人がいるとこんなに読みやすいんだなと思う。軽妙かつシンプルで笑える凄さ

オカモトケイト短歌、薮ちゃんに欲しい役、泡沫サタデーナイト!(2016年4月twitterまとめ)

twitterまとめ

生まれてきたのは嘘じゃない!

先月、伊野尾慧を認識したばかりの彼女は、これでオカモトケイトを認識した。
そう、誕生日が一致するという奇跡

 

#ジャニーズが出るまで50音

ちなみにくだんの圭人と同じ誕生日の彼女は、

あざまーす異動してきたうんこ座り偉くなったオカモトケイト

になった。直前までオカモトケイトの話をしてたので当然である。*1

 

オカモトケイト短歌

#ジャニーズが出るまで50音 タグの最後がきれいにオカモトケイトで終わってしまい爆笑したあげく思いついた。

そして初めて詠んだのは

なかなか難しいです。
ただ、考えてるとあらゆる風景の中に圭人がいる気がして、楽しいし嬉しい

 

圭人めっちゃ困らせたい。

圭人は日本のバラエティーの救世主になれるかもしれない…。
あんなに他人を傷つけず笑いがとれる子はいないよ!


いちおう、本が好きなんですよ。

パラレルワールドをかける圭人。
どこの世界でもメンバーの誰かが欠けていて、みんな揃ったHey!Say!JUMPをさがして圭人が奔走する話なんだと思う。

一番出演してそうなのは、「ぼくのミステリな日常」(日常系謎解き短編。圭人は巻き込まれ系主人公が似合う)か、
ネクロポリス(IF世界におけるファンタジー。舞台はイギリス系“死者の街”)

でも、「チグリスとユーフラテス」の、優しくて悲しい感じも似合う。
世界に一人ぼっち…。全員を見送って、寂しさのあまりコールドスリープで眠る人々を起こしてしまう圭人…。(全米が泣いた

 

これやると自担をどう思ってるかよくわかるね。
ゴージャスなミステリー(ゴシックな洋館で起きる殺人事件)を期待してるんだなってよくわかる…。探偵に優しくしてくれるけど腹の内は決して明かさない、大富豪の長男(父親とは仲が良くない)でお願いします…。残虐極まりない犯人でも、真犯人をかばう心優しき人でも構わないので…。

 

自担の優しい顔か、自担に向けられる優しい顔か

どっちにぐっとくる?という問いに対する答え。

私は薮担だから薮ちゃんの「光のことは俺が一番分かってる顔」にぐっとくるけど、やぶひか担だからひかにゃんの「薮のことは俺が一番分かってる顔」を見てやっと「やぶひかー!!」と叫べるというか…両思いで初めて叫べるというか…両思いなの分かってる薮ちゃんにぐっと来る

なぜこんな簡単なことが答えられないのか…。
圭人に置き換えても、圭人がちょっとぷんすこしてる顔が一番好きよ…。
あの子も優しいから、ぷんすこできる相手がいるんだ!に一番ぐっとくる
※やっぱり優しい顔ではない

 

自担呼び方変遷

いつまでも薮ちゃん、と呼びかけながらも、節度を持った距離感を保ちたいです。

 

薮ちゃんに欲しい役

ちなみにラストの田中彩子氏は「耽美なわしら!」という小説にでてくる真性レズビアンのギャグ漫画家です。
前者2人は謎めいた犯人(?)なんだけど、後者は高潔で美しくて過激で口が悪い、だけど一生懸命すぎて空回りが逆に可愛い、みたいなキャラなんですがそんな役、来ませんかね…。
私の性癖です。

 

神がかる選曲

弱ってる時に流れると泣きそうだからやめてよシャッフルの神様!!


中島裕翔の適材適所

決めゼリフうまいのと、爆発力があるからアオリもうまい。
ゆーてぃはJUMPにいなきゃならない人だし、これからどんどん必要性が増してくると思うな!

 

~のが私。

自己分析です。


アイドルTED

新たなアイドル文化になりませんかね…。濃度が濃すぎて自家中毒起こしそうね。ちなみにTEDってこういう番組

採用を勝ち取りたい。勝ち取った賞金でMVを作りたいです。

1〜2期が少し血を流しながら戦って笑い、3期と4期が制服で見守るスケバンアンジュルム…!

普段は普通の中高生、だけどはびこる悪は許せない!近未来変身系くノ一、こぶしファクトリー…!

文化祭でアイドルやろうぜ!で結成された一夏のアイドル!育ちも性格も未来もバラバラな9人が、織りなす明るくも切ない青春、Hey!Say!JUMP…!

 

風間俊介は定期的に推していきたい




~したい、というのはたいてい有限不実行なので見逃してくれ…。

 

ハロプロ×ジャニーズ


このあたりから唱え続けていた。

 

#伝われ

最近タケちゃんが気になるのです。あの子のポテンシャルってすっごいよね?

 

スケバンアンジュルム

喧嘩番長めいめいの派手な卒業パフォーマンスの後ろで、九州の極道の一人娘かみこが加入し、グループとしてすったもんだありながら一皮向け、それらを統括しながら微笑むあやちょの真意は誰にもわからない……みたいな、泥臭くも美しい、スケバン少女マンガが見たいです。

 

リピートしまくる℃-ute

これについては改めて記事を書きたい。

 

パラレルワールド

ふくちゃん、どんどんえりりんに似ていってない?私の気のせい?

 

泡沫サタデーナイト!鈴木香音

こんなことをドヤ顔でつぶやきましたが、次の日。

そうよな…そらそうよな…。いや、公式になったということで!

 夢が膨らむ。

 

絶対楽しそう。

*1:それ以外については気にしないこととする

笑顔の系譜~鈴木香音とモーニング娘。~

モーニング娘。 ハロー!プロジェクト

今日、モーニング娘。16の、鈴木香音ちゃんが卒業してしまいました。


誰推しかと言われたらフクちゃんなんですけど、その横でずーっと気にして、気になってた存在が香音ちゃんです。
「マジですかスカ!」で一番目を引いたのは香音ちゃんの笑顔だし、「笑って!YOU」大サビには鳥肌立ったし、「Oh!my wish」でセンター取った時は「革命が来た!」でした。


そんな香音ちゃんが、今日卒業してしまいました。

 


モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』(Morning Musume。'16[Ephemeral Saturday Night]) (Promotion Edit)

 

香音ちゃんのラストソング「泡沫サタデーナイト!」、すごくいい曲ですね。
SNSでバズったのが嬉しかったし、Mステにも出られて、それを見た人たちの感想も結構好意的でした。
どうして卒業してしまうんだろう、は誰かが卒業するたびに思うことですが、ほんとうに卒業が惜しまれる、とっても明るいパフォーマンスが見られた一ヶ月でした。

 

その「泡沫サタデーナイト!」、そしてひいては香音ちゃんに、ひとつお礼を言いたいことがあるんです。

 

12期の笑顔をMVに残してくれてありがとう、ということです。


まりあのはじけるようなあざとい笑顔。
はーちんの可憐だけど一筋縄でいかないような笑顔。
あかねちんのいい意味でのふてぶてしさが垣間見える笑顔。
チェルの引っ込み思案だけどかわいい笑顔。
9期10期11期のキャラが確立された笑顔の中で、ようやく、12期がどういう子達なのかが、見えた気がしたんです。

 

率直に言って、12期はずーっと埋もれていた気がします。
はーちんあかねちんがセリフを任された「Oh!my wish」やチェルがフィーチャーされた「今すぐ飛び込む勇気」ですら。

 

もちろん、MV以外の所では彼女らの個性は十分発揮されていたと思います。
ライブやブログ、新聞連載をしていたまりあなんかその典型じゃないかな。
日ハムが好きで、始球式まで出ちゃったアイドルって、充分個性が確立されている。

 

だけど、MVではずっと、埋もれちゃってたと思うんですね。
12期が入ってきてからのシングルは、基本的にメッセージ性がとても高い曲ばかりです。
中には視聴者がどう受け取ったらいいんだ?と考えてしまう難解な曲も。
だからそっちに気を取られて、歌割の少ない12期の印象が少ない。

 

 

思えばモーニング娘。のメンバーを思い出す曲。
そのほとんどが笑顔で歌っている曲なんですよ。

 

市井ちゃんが"見つかった"のも、「LOVEマシーン」で全力でおふざけしてるからだし、「ザ☆ピース!」の底抜けの明るさが黄金期の原動力だった。


モーニング娘。 『LOVEマシーン』 (MV)


モーニング娘。 『ザ☆ピース!』 (MV)


ごっちんが抜けた後の「ここにいるぜぇ!」の5期の笑顔が頼もしかったりとか。


モーニング娘。 『ここにいるぜぇ!』 (MV)

「歩いてる」の自然な笑顔が、こっちまで嬉しくなってくるとか。


モーニング娘。 『歩いてる』 (MV)


「みかん」のただ明るい笑顔から、「3,2,1 BREAKIN'OUT !」を見ると9人のキャラが確立されてるのが分かる。


モーニング娘。 『みかん』 (MV)


モーニング娘。 『3,2,1 BREAKIN'OUT ! 』 (MV)


そして、「マジですかスカ!」、「ピョコピョコウルトラ」、「笑顔の君は太陽さ」。


モーニング娘。 『まじですかスカ!』 (MV)


モーニング娘。『ピョコピョコ ウルトラ』 (MV)


モーニング娘。'14 『笑顔の君は太陽さ』(Morning Musume。'14[You bright smile is like the sunshine]) (MV)


メンバーを思い出すとき、そのほとんどが笑顔の彼女たち。*1*2

 

歌がうまいとか、ルックスがいいとか、そういうことだけじゃなくて。
「この子はきっとこういう子だ」ということがわかるのが、「笑顔」からなんじゃないかなと。

 

さあ、そこで鈴木香音ですよ。


「泡沫サタデーナイト!」は鈴木香音がいなければ、書かれなかった。
「泡沫サタデーナイト!」は鈴木香音が全力を出さなければ、あの笑顔にはならなかった。


鈴木香音がいなければ、あの曲がなければ、12期はこういう子だ、ということがMVからわかるのはずっと後だったんです。*3

 

だからお礼を言いたいんです。
ありがとう、香音ちゃん。あなたのおかげで出会えたものがあった。
あなたのおかげできっといろんな可能性を見いだせた人がいた。
私たちに12期のいいところを見せてくれてありがとう。

 

5年間、お疲れ様でした。
そしてありがとう。
鈴木香音のいいところが「泡沫サタデーナイト!」には全部詰まっていて、私たちはMVをたどることであなたにまた再開できるのです。

 

追記
個人的に「泡沫サタデーナイト!」で一番好きなところがありまして。

私はコンビユニゾン萌えなので、ここがすっごいたぎった!
ずっと香音ちゃんのコンビ曲が聞きたかったんだけど、それが最後の最後で叶った感じ!
欲を言えばちゃんと曲として聞きたかったですけどね…

*1:明日香に関してはミステリアスすぎて逆に笑顔じゃない方が「らしい」気がしている

*2:れいなの「シャボン玉」は例外というか、ここまで怒りを出してきた曲は逆になくて記憶に残っているのかもしれない

*3:なぜMVにこだわるかっていうと、視覚に訴えかけるものの中で一番「残る」ものがMVだからです。10年後、MVは残っていても雑誌やテレビや新聞は探さなければ見つからない。今、プラチナ期やベリーズ工房にハマった人が必ず見られるのがMVだけであるように

ついに認知!、JUMPの二次元力、お願いしますTVさん(2016年3月twitterまとめ)

Hey!Say!JUMP twitterまとめ

chizuru-t.hatenablog.com

 

ついに…。

ついに!あゆがいのーちゃんを認知した…!*1

2015年1月に私がJUMP沼に落ちたとき、それまでに面識があった人は当然ながらJUMPのことを知らない人が大半でした。
それでも折につけJUMPのプレゼンを続けていたところ、ついにまた一人、認知してくれたのでした。
いのーちゃんのめざましキャスター就任ニュースでした。
さすが伊野尾革命……!
以下私がつぶやいた伊野尾宣伝ツイートです。

 

あれがV6岡田先輩が「伊野尾がかわいい腹が立つ」と24時間テレビ内で言い放ったHey!Say!JUMPのテキトー男伊野尾慧です。

あの顔と、女の子っぽい高い声で、中身はすごく普通の理系男子学生なのでファンが多い。髪の毛はきれいなきのこのときと無造作なきのこのときがあるよ!

 

きのこ押しなのは、件の彼女がきのこヘアなキャラが好きだから。

 

伊野尾慧テキトー伝説

個人的伊野尾慧さんのテーマソングは「SURFACE - それじゃあバイバイ」です。
同世代は納得してください。

 

他のジャニーズも、もれなく

一人気になる子ができると他にもオススメしたくなるよね…

ちな私の好き枠は「芸歴が長く実力があるんだけど認知にはまだ遠く、しかし泰然自若と構えてる」

ええ、薮ちゃん五関くんですね。

 

ドン引かれてる気もする

だいぶひどい仕打ちをした。

頻繁に呟いてる。愛情の押し売り感がすごい。

 

眠れない夜に…

こちらでも言及しましたが、目覚めないときは、JUMPを流したら一気に目がさめるよ!
オススメは「Ready Go!」です。

 

オタクに捧げるジャニーズの2次元力

元々私のTwitterは2次元アカウントなのでフォロワさんにもそちらの人が多いんすが、まさか3次元で何の違和感なく2次元ワールドやれるひとがいると思わないじゃない…?
擬人化とか学パロとか家族パロとかいろんな性癖がある中に動物化って確かにありますが、あくまでも漫画表現、小説表現であって。
猫耳つけて魚持ってお尻ふって、ペット目線で飼い主への(まるで彼女のような)愛を囁くのを、自分の目で見られるとは思わなかった…!

 

論文を読み続けるだけのお仕事をしたい

映像から感じたこと、歌から考えたこと。
みんなすこしずつ違うので、一億総SNS社会は読んでも読んでも終わりがなく、ほんともうそういう仕事をしたい時がある。
読みたくて読めないものがいっぱいだ!

 

発表会やりたい。

自分の好きなグループ、好きな作品、好きな人をパワポでプレゼンする大会を大ホール貸し切って3日間くらいかけてやりたいんですけど。
みんなの発表タイトルだけで充分オカズになります。

私がやるなら?

「KAZEKAORUにおける岡本圭人の存在感」とか
「髙木雄也のダンスの優劣〜Jr時代とフォーメーションダンス〜」とか
「RELOADの特異性ー“らしさ“と説得力の違い」ですかね。

気になる人は僕と握手!

 

いつかお願いしますバラエティ番組さん

いや、特番の時の手越VS山田を見てると、JUMPによる道場破りはかすかな希望がある気が……
するけどやまちゃんだから感じる希望かな……
いや、大ちゃんもいけるはず……
とにかく先輩ぶるやぶいのが見たい


Four Tops・NEWS・KAT-TUN先輩あたりは出てくれるかしら…。
JUMPの知名度ががつっと上がってる今だからからこそあえて、JUMP必修初級編でいまさら話題にならない「やぶひか昔はすごかった」をやるべきじゃないかな。
そしてきっと子どもたちが「今もすごいから!!!」ってめっちゃフォローしてくれるはず。
結果的に仲良しJUMPもアピれていいと思うんだけどどうかな。
…単に私が「さすが薮様!さすがひかにゃん!」って言いたいだけなんだけど。


足りない足りない、まだ足りない!こんなんで大丈夫?

基本的に仕事しかしてないんですが、帰り道なんかに時にふとそう思う。
基本は在宅オタなのでコンサートに行きたい、とかではなく、ずーっと音源を聴き続けたいので、CDで歌割ください。

 

薮ちゃんが幸せだと私も幸せ

おめでとう!楽しそうで何よりでした!

 

忙しさの基準

思えばこの辺から忙しくなったのだった…。
はてなどころかtwitterもつぶやかないのはド修羅場だったからです。

 

せんせーしょんズ×ワールドトリガー

せんせージョンズになっておるぞ。

せんせーションズずになっておるぞ。
誤字は置いておいて、この「ワールドトリガー」という漫画はすごくお勧めです。
ジャンプで連載してるので良ければ。

ワートリを経由してから見ると、非常にあぶなっかしいチームだということが分かります。
いや、暗殺者だからしょうがない……しょうがないか?

設定は守る派。

 

今月のハロプロ 

 

それでこういう記事を書きました。

いいアクションすると思いますよ、あの子。 

マジで終わらない。

*1:鍵つきアカウントへのコメントなので引用です

ハロプロOGに歌ってほしい現メンの曲10選

ハロー!プロジェクト モーニング娘。

先日こういうつぶやきをしたんですけども。

これってOGdisでも現メンオタdisでもなくて。ほんとにただの願望なんです。
っていうか、見たくないですか?
逆はまだ見るチャンスがあるじゃないですか。
ここにいるぜぇ!」とか「ハッピーサマーウェディング」とか「Do it Now!」とかよかったです。
叶うならそろそろ「抱いて!HOLD ON ME !」を歌っていただきたい。
この逆カバー企画、楽曲の新たな魅力を見れて、現メンの曲も知れて、win-winだと思うんですけど。
ということで、いろいろセレクションを考えました。
愛ちゃんガキさんれいな愛佳あたりは現メンとの共演も多いので、今回は省かせていただくことに。

 

help me!


モーニング娘。 『Help me!!』 (MV)

石川「わたしをこのままひとりぼっちにさせておくわけ?」

元祖セリフ担当といえばりかちゃん!
フクちゃんのほっとけなさもいいですが、りかちゃんのこれはあれだ、「シャボン玉」の人と同一人物だ。愛を盾にドスをきかせてくる人だ……。

矢口「心じゃいつも叫んでいるのに」

飛び道具として使われがちなやぐっつぁんですけど、実は要所要所を締めてくれる貴重なバイプレイヤー。
そこからの、

安倍「あいつの前ではわかったふりしちゃう」

は安定しすぎで想像が容易い。
目の前にあいつが思い浮かんじゃう。
なっちの歌う「君」とか「あなた」は、実在するんだろうなあって思わせてくるからなっちはすごい。

 

青春小僧が泣いている


モーニング娘。'15『青春小僧が泣いている』(Morning Musume。'15[An Adolescent Boy is Crying]) (Another Ver.)

後藤「最後は君の腕次第!」

かっこいい…!
ごっちんのパフォーマンスには信頼しかないんだけど、この凡人にはよくわかんない青春小僧ワールドもごっちんなら格好よくやりきってくれるって信じてる…!Do it Now!の感動よ再び…!

藤本「我が世誰ぞ」

ミキティはほんとワールドイズマイン……!
ひれ伏したくなるパートをうたわせたら娘。いちですね。

中澤「そう どんなときだって安心して いるよ私」

ゆうちゃんの現メンへの信頼が、いつもまぶしい……。
いろんなメンバーを迎え、いろんな曲を歌い、いろんな評価をされてきた娘。に、ゆうちゃんは歌ってあげてください…。
あっ、これ想像だけで泣いちゃうやつ。

 

冷たい風と片思い


モーニング娘。'15『冷たい風と片思い』(Morning Musume。'15[The Cold Wind and Lonely Love]) (Promotion Edit)

福田「片思いしていること 気づかれてないはずだよ」

小田ちゃんに勝てる人がいるとすれば、それは明日香…!
いや同じ娘。で勝ち負けも何もないんですけどね?明日香と小田ちゃんのコラボとかがもし実現したら泣くよね?
とにかく初期娘。の「しっとり感」「悲しさ」「ウェットな部分」を主に担当していただろう明日香なら、この曲をどう歌うだろうかと。
小田ちゃんが芽生えかけたほのかな恋心を自覚したばかりなら、明日香のそれは叶える気が全くない覚悟みたいなものになるのかなー。

飯田「冷たい風が頬 そっと触った時」

かおりんが歌うとぐっと歌が引き締まるというか、軽快な曲でも重心が定まった感じがしていいですよね。シャボン玉の2番のかおりんとか、自然体なのに存在感があって、にらみ聞かせてきた感じが、好きですよ。

 

愛の軍団


モーニング娘。 『愛の軍団』(Morning Musume。["GUNDAN" of the love]) (MV)

W「愛ある鞭なら仕方ないってほんと?ほんと?」

コンビユニゾン聞くたびにW(ダブルユー)でも想像してしまう呪いにかかるといい!
いろいろ好きなコンビユニゾンはありますが、Wのそれは殿堂入りしているのだ…。
そこからの、

飯保「成功したら幸せだとかほんと?ほんと?」

リーダーサブリーダーコンビ!貫禄がすごい。
このギャップが!モーニング娘。ですよ!
まとまりのないメンツが!パフォーマンスでは!まとまり見せてくるのが!モーニング娘。です!(力説)

安倍「他人の目なんて気になんない」

なっちーー!
なっちがモーニング娘。の不動のエースだったのって、歌のうまさも顔の可愛さも愛され性格も絶対あるんだけど、何よりいい意味で他の人を気にしないとこだったのでは…と、めちゃイケ体育祭を見返しながら思ってる…。
これをしたら悪口言われるのかなとか、空気読んだ方が良いかなとか、そういうことを気にしないでアイドルを全うできる、それがなっち…!

 

Oh my wish!


モーニング娘。'15『Oh my wish!』(Morning Musume。'15[Oh my wish!]) (Promotion Edit)

加護「忘れかけてた 私の夢 どうして私 こんな迷ってるの」

ドリ娘。メンじゃないけど、やっぱ彼女の歌を聞く機会がもっとあればいいなあ。
ここにいるぜえ!のかっこいいあいぼんのイメージです。

辻「悔しい気持ち 弱い心 すべきことから ずっと逃げてたのも事実」

加護ちゃんがきたら辻ちゃんがこなくちゃ!
のんは辻加護の可愛いイメージを裏切って結構ドス聞いた歌声が出せるんですよね。シャボン玉とか、愛の園とか。

吉澤「わかるだろう 進むべき道や キラキラと輝くために すべきこと」

過去の娘。リーダーの中で、誰に一番怒られたいだろう?って考えた時、よっすぃだなって思ったので…。
この曲は個人的に自分磨きの最強テーマ曲なので、ダイエットとか勉強とかサボってる時に聞くと気が引き締まります。

 

ENDLESS SKY


モーニング娘。'15『ENDLESS SKY』(Morning Musume。'15[ENDLESS SKY]) (Promotion Edit)

久住「身長が伸びたその割に 心の中身はどうなのかな」

小春のことを歌ってるようにもー!聞こえるー!ミラクル―!
基本的につんくワールドの女の子って大人びてるところも子供っぽいところもあるモザイク状で、見る角度によっていろんな表情を見せてくれる。小春はほんとにそのバランスが一番危なくて、ゆえにすごくキレイだった。

中澤「恋をするには遅過ぎでも 焦ってなんかいないのよ」

これをゆうちゃんに歌わせるのはどうかな…
いやでも、遅すぎなかったからゆうちゃんは今幸せなんだよって歌で魅せて欲しいんですよ。

市井「泣くわけないでしょ 泣くはずがない 自分で選んだ未来だから」

娘。の曲はいつも、落ち込んだり頑張ったりはするけど、基本的には本心を見せない子なんですよね。
だから私たちはいつも笑って卒業していく彼女たちに、いろんなものを勝手に重ね合わせている。
このパートを歌ってほしいのも、市井ちゃんに私が勝手に重ねてるもののせいです。

 

わがまま 気のまま 愛のジョーク


モーニング娘。 『わがまま 気のまま 愛のジョーク』(Morning Musume。[Selfish,easy going,Jokes of love]) (MV)

この曲の汎用性は、とにかく「愛されたい」につきる。

石川「あ~い~さ~れ~た~い!!」

は、愛にどん欲なりかちゃん(パフォーマンスでよく表現されるりかちゃん像です)、

藤本「あ~い~さ~れ~た~い!!」

は、オタ芸はじまるしかないやつだし、
個人的に見たいのは

石黒「あ~い~さ~れ~た~い!!」

かな。
あやっぺはいいよ…!イエー!って会場が盛り上がる。ロックっぽく歌ってくれる気がする。
これはOG全員分で見たいやつだな。OGも現メンも、全員「愛されたい」の歌詞がハマるのは、やっぱりアイドルだからなんでしょうか先生!

 

スカッとMy heart


モーニング娘。'15『スカッとMy Heart』(Morning Musume。'15[Refresh My Heart]) (Promotion Edit)

これを一番テレ東音楽祭で歌ってほしいんですけど。
だって、

紺野「不器用すぎる自分が嫌になる好きじゃない」

小川「笑顔で乗り切れない不器用Paradise」

とか、最高じゃないですか!?
こんこんの歌やダンスの不器用さはアイドルとして完璧だったし、まこっちゃんのTVでのコメントの不器用さはアーティストとアイドルのギャップを埋めきれないせいだと思っていたので、この二人が不器用というパートを分け合うの最高じゃないです?

保田「心の中スカッとするほど ほら ほめて ほめてよ ほめまくってよ paradise」

私はこの曲「わがまま 気のまま 愛のジョーク」と対になる歌だと思ってるんですけど、それって「愛されたい」と「ほめてよ」の対比のせいだろうと。
どっちも女の子の心からの叫びですけど、「ほめてよ」の方がちょっと厚かましげに聞こえるというか。そんなワードを、頼もしく歌ってくれるのが、圭ちゃん!
そんなうまくかっこよく歌ってくれたら、「厚かましいぞ!」って思ったとしてもすぐ「でもうまいんだよな!さすが圭ちゃん!」ってなるんだから圭ちゃんさすが。

 

時空を超え 宇宙を超え


モーニング娘。'14 『時空を超え 宇宙を超え』(Morning Musume。'14[Beyond the time and space]) (Promotion Ver.)

後藤「この世で出会えると信じ 君を待つ」

新メン(12期メン)のことを歌った曲ではないかと噂されてました「ときそら」ですけど、OGが現メンに歌ってくれたらと考えたら、この世にたった38人しかいないモーニング娘。という種族によるSFが始まってしまう…。
普段は地球で人間に紛れて暮らしていますが、娘。でなければ理解しあえないものを、わずかな逢瀬の時間にひっそり共有する、そして新たなメンバーを悠久の時の中で待ちわびる、スタイリッシュでほのかに暖かい耽美なSFが始まってしまう!(私は何を言っているんだ)

亀井「さびしくて眠れない夜だってあるでしょ」

えりりんは「手に届きそうで届かない」を、絶妙な距離感で表現してくれる人だと思っています。
どんな曲を歌わせても身近になるのがいいですね。えりりんが歌うこの曲を聞いたらどんな情景が見えたのかなあ。

 

What is LOVE?


モーニング娘。'14 『What is LOVE?』 (MV)

安倍「勝利の女神はだれにも微笑むでしょうか?」

なっちーー!(2回目)
さゆ以外に、現メン以外に、このパートを許されている人がいたら、それはすなわち、なっち…!

吉澤「Is it necessary?」

くどぅーに似合うポジションは基本的によっすぃーにも似合うんですよ(断言)

ジュンジュン「たった一人を納得させられないで 世界中 口説けるの」

リンリン「たった一人を不安にさせたままで 世界中 幸せに出来るの」

説得力!このパートを、特に「世界中」を誰よりも説得力を持って歌えるのはジュンリンだけ!
ジュンリンなら現メンのダンスにもついていける気がする。二人の歌声がまた聞きたい。

 

以上です!楽しかった!

JUMPがプロデュース、薮ちゃんに欲しい仕事、たぐっち有能(2016年2月twitterまとめ)

twitterまとめ Hey!Say!JUMP こぶしファクトリー ハロー!プロジェクト

chizuru-t.hatenablog.com

JUMPをプレゼン。

いたジャンみんなで解決前後編でタイムリミットでした。

 一番最後のがうれしかった。
バレリーノに関しては、今季やってたヒガンバナが単発ドラマ→約1年後に連ドラ化、という経緯をたどっているので、好評だったら連ドラするんじゃないかなー。
こう、イケメン(ゆーてぃ)が出てるというよりも、初見で爆笑できるという要素がすごく大きかった気がする。
小学生とかめっちゃ真似すると思うよ!
けーとと山ちゃんに関しては、もはや語るまでもない。

 

JUMPをプレゼン2

隙あらばHey!Say!JUMPを布教したがる芸状態。

 

Hey!Say!JUMPとは

 

こちらを私の公式といたしまして、布教に励む所存です。

 

 JUMPがプロデュース

みんな欲しいやつ(決めつけ)
とにかく野尾先生のプロデュース力をもっともっと世に知らしめたいのだよ私は!

生まれ変わったらゅぅゃ坦になりたい(定期bot)。

やぶちゃんはジャ二オタのツボというものをよくわかっており、そこを打ち抜くのが得意(例:カウコンピアノ演出)。
いのーちゃんはも少し広い範囲のオタクのツボをよくわかっており、手りゅう弾投げ込むタイプ(例:動物コス、しかもあざとさを無邪気さで打ち消す自然さ)。
ここの攻撃力が高いのがJUMPが沼と呼ばれる所以だと思ってて、認知されたらすごい人数がやぶいのにひれ伏さざるを得ない。早く認知されますように。

 

薮ちゃんに欲しい仕事

薮ちゃんは苦手なものが無いそうで。それは逆にとっかかりとか感情移入ポイントとかが少ないということで、芸能人としてはちょっと損してる人だなあと。
凄さで圧倒する、という意味ではまごうことなく芸能人なんですけどね。
だから、何もかも自分でやる仕事、というのをさせてみたい。
そしたら考えてることをぽろりと話すかもしれないし、裏でどんな努力を積んでどんなことに気をつけてるのかとかが見えるかもしれない。
必要なのは、視聴者が薮ちゃんのどこに共感し、物語を見るかということなのでは。

いっそ「ジャニーズの弟」というポジションを活かして後輩に徹しちゃうとか。
ちなみに「先輩訪問」とは、名作の誉れ高き、まーちゃんくどぅーのハロプロ先輩探訪団のことです。
……言っといてなんですが、これ、ジャニーズフィルムフェスタ2013なのでは…?


この問題についてはしばらく考えていきたい所存。

 

今注目のコンビ

フィギュアスケート漫画とか、競技ダンス漫画の主人公ペアをやれそうだよな…(男同士です)

 

二次元ジャンルのみなさまへ

忍たま乱太郎*1という作品がめっちゃ好きでですね。
というか原作の「落第忍者乱太郎」が好きで、集めてるんですよ。

で、JUMPはあの中だと主人公の先輩にあたる「4年生」と「5年生」みがあるという話。
とにかくきらきらしく、自分大好きと自分大好きと奇行と編入生が4年生。
初期から出てるので認知度も高い。
セット扱い2人組と豆腐大好きと生き物大切とバランサーという、完成度高い組み合わせが5年性。
地味なんだけど仕事ができて、でもよく考えるとおかしい。
特に5年が好きな人はBESTにはまると思うな!

そんでJUMP沼の皆様におかれましては、忍たまもすてきだということをお伝えしたい。
多すぎる先輩たちを覚えて画面やコマのはじっこにうつりこむのを探し出すのはジャニーズJrを探し出すのとかなり似ています。
オススメ作品は「劇場版 忍たま乱太郎 忍術学園全員出動の段!」です。特にキャラ萌えしなくても楽しく見れること請け合い。
ちなみに主題歌は、NYCが歌ってます!!!!

 

つぶやかないJUMP

興味がないわけではないんだけど、見せられる風景がすっごくうまくできてるな、と思う。
キャラを作ってるとかじゃなくて、つまり私は二次創作*2しがいのある人にエネルギーをかけがちということなんだけど。

それで二次創作しがいのある人というのはこの人たちです。

 

今月の後悔

  

金欠につき。評判が良くてずーっと悩んでる。

 

ハロプロもつぶやいてます

推しメン多すぎなので、基本はDDと名乗ようにしております。

 

こぶしファクトリー、茶番をする

たぐっちが有能すぎて震える。この子はこぶしファクトリーの財産!

  

こぶしファクトリー、色気を出す

3月のライブではれなこにも感じるようになってきた。女の子の成長、早い

 

こぶしファクトリー、次の曲のコンセプト

こう、謎の組織にくノ一パワーを与えられてくノ一に変身し、悪と戦う変身ものみたいなやつって需要があると思うの(真顔)
プリキュアの実写版というか。
美少女仮面ポワトリン的な。有言実行三姉妹シュシュトリアン的な*3
相撲、応援団ときたらこのエッセンスは大事にした方が良い気がするので、ゆくゆくはそれでアニメエキスポに出よ!
「Japanese Ninja No.1」に関しては好きな簿カロ曲の一つではありますが、10代に歌わせる曲ではなかったので反省している。

 

たぐっち、セリフを言う

本家の「This is 運命」貼っておきます。いい曲だね!

www.youtube.com

カバーするときってどうしても本家と比べられるし、年齢が追い付いていないときはなおさら。
歌うだけじゃなくて、先輩が構築してきた歌詞世界をどう自分たちの物にするか、ということが問われるんですよね。
こぶしちゃんのカバーの中でこれが一番、こぶしちゃんが歌う意味があるように聞こえて大好き。
幼い子が歌うメロン記念日、こういう楽しみ方があるのか~!
とにかくたぐっちが有能*4

 

今月はここまで!

*1:JUMPも「勇気100%」と「夢色」を歌ってますね

*2:もしかしてこういうこと考えてるんじゃ…?とか、こういう意図をもって行動したんじゃ…?とか、考察がめっちゃはかどること。雑誌などの公式情報よりも妄想の割合が高いこと

*3:わからないひとは検索するように

*4:セリフはみなみなも言ってる、多分